ヤサシイエンゲイ

生命力の強い樹木

アオギリ

アオギリ
科名:アオギリ科
学名:Firmiana simplex
原産地:日本 中国 台湾 インドシナ など
草丈:15m~20m

難易度バー バー バー バー バー そだてやすい
耐寒性バー バー バー バー バー つよいほう
耐暑性バー バー バー バー バー つよい

アオギリとは

果実日本(伊豆半島より西、四国、中国、南西諸島)、中国、台湾、インドシナなどに分布する落葉樹で、高さは15m~20mになります。掌状に切れ込む大きな葉っぱと、緑色で滑らかな樹皮が特長です。幹が青(緑色)で、葉っぱの大きなところがキリに似ているので、この名前がありますが、キリの仲間ではありません。葉っぱの形や花はキリとは全然違います。中国では『悟桐』と呼ばれます。

姿・形

果実
果実
幹は縦筋が薄く入り、色は緑色です。年を経た木は、灰色っぽい緑になります。

葉っぱの幅は15cm~30cmで、掌状に切れ込みます。開いたばかりの小さな葉っぱは、細かい毛が密生しており、赤褐色に見えます。秋になると黄変して落葉します。

主な開花期は6月~7月です。雄花と雌花が混ざって、円錐状の花房になります。ひとつずつの花は小さくて地味ですが、枝先や枝の上部から、たくさんの花房がぶら下がるので、開花時期は比較的目立ちます。

果実果実は5つに裂け、それぞれのフチに丸い小さなタネを数個付けます。裂けた果実はうすっぺらいボートのような形で、長さは10cmほどです。やがて果実の裂片は付け根から離脱し、タネを付けたまま、風に乗って、絶妙なバランスでくるくると回転しながら落ちていきます。

利用

かつては公園や街路、学校などに植えられおり、並木も見かけましたが、近年ではあまり利用されていません。大きな葉は落葉期の清掃が大変なことや、害虫の被害に遭いやすい(特に、ハマキムシによる葉の食害)、などが利用されなくなった理由と考えられます。

タネからは油が採れ、有事の時には救荒食物やコーヒーの代用に利用されていました。

育て方

日当たり・置き場所
日当たりに適した陽樹ですが、多少に日陰にも耐えます。土質や環境をあまり選ばずに育ちます。色々なものに耐性があると言うより、生命力の強さでぐんぐん押していくタイプの樹木です。

かかりやすい病気・害虫
とにかくハマキムシが付きやすいです。葉っぱの茂っている時期は予防のため定期的に薬剤を散布します。

ふやし方
タネまき、さし芽、根ざしで増やすことが出来ます。

手入れ
ほおって置くと大きくなるので、スペースに応じて剪定を行います。太い枝を切ってもよく芽を吹くので、深く切り詰めてもかまいません。場所に制限がなければ、切り詰めなくてもよいでしょうが、あまり現実的ではありません。

適期は冬の落葉期ですが、寒さによる枝枯れを最小限にとどめるため、寒冷地では3月~4月に行った方がよいでしょう。

ポイント
・剪定は落葉期に行う
・ハマキムシを予防する

関連するページ
花木・庭木