ヤサシイエンゲイ

赤みがかった材質なのでこの名前

アカガシ

アカガシ
科名:ブナ科
学名:Quercus acuta
別名:オオガシ オオバガシ
原産地:日本 朝鮮半島南部 中国 台湾
樹高:~20m
主な開花期:5月

難易度バー バー バー バー バー ふつう

耐寒性バー バー バー バー バー ややよわい

耐暑性バー バー バー バー バー ふつう

アカガシとは

日本(東北南部以南、四国、九州)、朝鮮半島南部、中国、台湾に分布するドングリのできる常緑樹です。山地に自生します。公園に植えられる他、神社やお寺でも見ます。防風目的の高生垣や屋敷林にされることはありますが、庭木にされることは少ないです。植木と言うより、優れた材木としてよく知られます。

姿・形

よく枝分かれして、枝が四方に張って大きく茂ります。樹皮は緑がかった灰色です。若い頃は滑らかで縦に筋が入ります。老木になると、所々樹皮が剥がれてまだらになります。

葉っぱは先端が細く伸びた長楕円形で、長さ7cm~15cmです。濃緑色で表面にツヤがあり、厚みのある革質です。カシの仲間は葉の縁にギザギザが入るタイプが多いですが、アカガシは通常全縁(ギザギザがない)です。まれに上半分がゆるい波形のギザギザになります。若葉は両面に褐色の毛が密生し、その後抜け落ちます。

花は5月頃、若葉が開ききらない頃に咲きます。雄花と雌花が別々の位置に付きます。雄花は新枝の下部からたくさんの花穂をぶら下げ、多数咲きます。雌花は上部の葉腋(葉軸と枝の接点)から直立した枝を出し、5~6コ咲きます。

ドングリは長さ2cmのタマゴ型です。1年間はちいさく、殻斗(お椀の部分)にほとんど隠れた状態です。2年目の夏頃に急速に生長し、秋に熟して茶褐色に色づきます。殻斗はやや深めで、わっか状の段々がつきます。

葉っぱ
葉っぱ
樹皮
樹皮
どんぐり
どんぐり
 

 

用途

日本に産する材木の中ではイスノキなどに次いで、トップクラスに堅くて重いです。水に強くて、緻密なところから、木刀やカンナの台、船の材料や山車の車輪などに用いられます。

由来

カシは『堅い木』という意味で、漢字でもそのまま『樫』と書きます。アカは材木の色が赤みがかっているからです。

属名のクエルクスは『良質の材木』、種小名のアクタは『鋭形の』という意味です。

育て方

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー              

適した場所
日当たりが良く、水はけのよい砂質土壌が適しています。暖地向けで、寒冷地には不向きです。植栽適地は本州~九州です。

手入れ
太い枝を切ってもよく芽吹くので、剪定で形を整えることはできます。アラカシシラカシに比べると、植木としてはあまり利用されません。

ふやし方
ドングリをまいてふやします。乾燥させると発芽率が落ちるので気をつけます。

病害虫
ウドンコ病の発生が見られます。

ポイント
・日当たりの良い場所でよく育つ
・若葉はウドンコ病に注意

関連するページ
ブナ科
花木・庭木