ヤサシイエンゲイ

一里塚と縁の深い樹

エノキ

エノキ
科名:ニレ(アサ)科
学名:Celtis sinensis
別名:エ 榎【漢字表記】
原産地:日本 朝鮮半島 台湾 中国
樹高:~20m
主な開花期:4月-5月

難易度バー バー バー バー バー (ふつう)
耐寒性バー バー バー バー バー (ふつう)
耐暑性バー バー バー バー バー (つよい)

エノキとは

葉っぱ
葉っぱ
幹


落葉時
落葉した冬の姿

日本、台湾、中国南部、東南アジアなどに分布する落葉性の高木です。日本での分布地は本州の東北南部より南、四国、九州で、山野や神社の境内でごく普通に見ることが出来ます。大きなものでは樹高20m、幹の直径1mにもなります。

葉っぱは長さ10cm程度のだ円形で先端が尖り、葉の先端から中程までフチにギザギザが入ります。春に葉を広げると同時に淡黄色の小さな花を咲かせますが、おとなしめであまり目立ちません。一本の木から雄花(雄しべだけをもつ)と両性花(雄しべと雌しべをもつ)、2種の花を咲かせます。両生花は花後にパチンコ玉を一回り小さくしたくらいの果実をつけ、秋に橙色→紅褐色に熟します。完熟果は甘く、小鳥がよくついばみます(†1)。

用途・由来

江戸時代には街道の道程を把握するため目印として一定の間隔で設けられた「一里塚」によく植えられていました。現在では公園の緑陰樹などに利用されますが、庭木としてはあまり見られません(†2)。また、盆栽に仕立てられることもあります。材は堅めで裂けにくく曲げやすい性質があり、家具や建築材として利用されます。

名前の由来は農具の柄に使われたことから「柄の木」、生木に火を付けてもよく燃えるところから「燃えの木」が転じたものだとか諸説(†3)あります。

仲間・近い種類

変わり種に枝が下垂するシダレエノキがあります。また、近い仲間に北海道~九州、朝鮮半島、中国などに分布するエゾエノキが知られています。

†1 小鳥がよくついばむ…エノキの実は人間も食べられ、食味はよいらしい。
†2 庭木としてはあまり見られません…大きくなる上、枝が横に開くので非常にスペースをとる。
†3 由来は - 諸説あります…ほかにも、枝がよく出るので「枝(え)の木」や理由はよくわからないが「選(え)りの木」など。

育て方

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー              
枝を切る作業
バー バー バー               バー
植え付け
バー バー               バー

日当たり・置き場所
日当たり~半日陰の場所でよく育ちます。木が小さい内はよく日の当たる環境を好みます。耐寒性はある程度ありますが、もともと暖帯に自生する樹木で寒冷地での植栽はあまり適さないです。日本での植栽適地は本州~九州です。

水やり・肥料
基本的に水の好きな樹木ですが、地植えの場合根付いてしまえば特に水やりは要りません。

かかりやすい病気・害虫
テッポウムシの被害が見られます。

植え付け・用土
土壌が深くて適度な湿りけのある環境を好みますが、土質はあまり選ばずに育ちます。枝が横に張りスペースをとるので、植える場合はスペースをよく考えましょう。また、根もよく張るので家屋近くに植える場合は注意が必要です。

ふやし方
タネまき、接ぎ木でふやします。
タネまきは熟した果実を採取して、果肉を取り除いてよく水洗いしてすぐにまきます。すぐにまけない場合はタネを湿らせた砂に入れて貯蔵し、3月頃にまきます。タネは乾燥させると発芽率が極端に落ちるので気をつけましょう。

手入れ
枝を切る作業は落葉期が適期で、枝分かれしている又の部分で切るようにします。中途半端に枝を残すようにして切ると樹形が乱れ、見た目が不自然になります。自然の樹形がよく似合う樹木です。

ポイント
・枝が横に張るのでスペースがいる
・日当たり~半日陰でよく育つ
・枝を切る際は自然樹形に近い形に仕立てる

関連するページ
ニレ科
花木・庭木