ヤサシイエンゲイ

這うようにして広がる、サクラソウのような花

バーベナ

バーベナ
科名:クマツヅラ科
学名:Verbena
別名:ビジョザクラ
原産地:北・南アメリカ
草丈:15cm~30cm
主な開花期:5月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名、V.はVerbenaの略

バーベナとは

カーペット状
満開時はカーペット状になる

アメリカ大陸を中心として、ヨーロッパ、アジアなどに約200種が分布します。園芸で栽培されているものは、花後に枯れてします「一年草扱いタイプ」と毎年花を咲かせる「宿根草タイプ」の2つに分けられます。前者に比べて後者は性質も強健で育てやすいのが特徴です。花壇や鉢植えの他、地面補覆うグランドカバーやハンギングバスケットにも利用されます。

茎が立ち上がる高性種と這うように広がるほふく性種があります。主な開花期は春~秋、サクラソウのような姿の小花がかたまってボール状に付きます。花色は白、赤、ピンク、紫、青紫、紅紫などがあります。

バーベナの名前はバーベナ・オフィキナリス〔V. officinalis〕に付けられた、古いラテン語名に由来します。オフィキナリスは日本にも自生する種で、クマツヅラとも呼ばれます。

種類

テヌイフォリア
テヌイフォリア
(宿根草タイプ)
ボナリエンシス
ボナリエンシス
(宿根草タイプ)

一年草タイプ
本来、毎年花を咲かせる多年草ですが、耐寒性が弱く冬に枯れることが多いので、一年草として扱われるタイプです。春か秋にタネをまいて育てるのが一般的です。代表的な種に、南アメリカ原産の野生種がいくつか掛け合わさってできた園芸種、ヒブリダ〔V. ×hybrid〕があります。茎葉這うように伸びますが、先端は立ち上がります。

宿根草タイプ
耐寒性・耐暑性があり、性質も丈夫で毎年花を咲かせるタイプです。以下のような種があります。

テネラ〔V. tenera〕 
ブラジル南部原産の強健種で葉が細かく切れ込みます。這うように伸び、茎の節々が地面に付くとそこからも根を出して広がっていきます。満開時は花のカーペットのようになります。

リギダ〔V. rigida〕 
宿根バーベナとも呼ばれます。草丈は30cm-40cmで花は白、紫などがあります。

ボナリエンシス〔V. bonariensis〕 
高性種、ヤナギハナガサ、サンジャク(三尺)バーベナとも呼ばれます。草丈が1m以上になる大型種です。茎を長く伸ばしてうえのほうで三又になり、その先端に小花をまとまって咲かせます。主な開花期は夏~秋、色は濃~淡紫、青など。非常に強健で、路傍で野生化しているものもよく見ます。

ハスタタ〔V. hastata〕 
北アメリカ原産の高性種。花色は紅紫、白などで花はかたまって咲かず、穂状になります。

その他
花手毬〔V. ’Hanatemari’〕 
テネラとヒブリダを掛け合わせた品種で茎は這うように伸びます。。花が大きくて色が豊富です。

タピアン〔V. ’Tapian’〕 
園芸品種。深く切れ込んだ葉は宿根草タイプのテネラに似ています。

関連するページ
バーベナの育て方
クマツヅラ科