ヤサシイエンゲイ

パンパスグラスの育て方

パンパスグラスイネ科 学名:Cortaderia selloana用途 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(やさしい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ややよわい)

アルゼンチン~ブラジル南部にかけて分布する大型の多年草です。パンパと呼ばれる南米の草原地帯に自生しているのでこの名前があります。草丈は大きなもので3mに達します

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
                バー バー    
植え付け
        バー バー            

季節・日常の手入れ ポイント
花が咲き終わったあとに株全体をばっさりと半分くらいに切り戻します。そうすることで春から新芽がでやすくなります。

冬の間に枯れた葉は防寒の意味でもそのままつけておき、暖かくなって新芽が伸び始める頃に取り除きましょう。葉が鋭くて手を切ってしまうこともあるので、手入れをするときは手袋をしましょう。

秋の長雨や台風などで花穂が傷むことがあります。早めに切ってしまい、切り花やドライフラワーにして楽しむのもよいでしょう。

日当たり・置き場所
日当たりの良いところで育てましょう。真夏の直射日光でも弱ることなく元気に育ちます。冬の寒さにはやや弱く、霜が降りるような場所での栽培は不向きです。株が小さいうちは特に寒さで傷みやすいので、気をつけます。

寒さが厳しくなるような場所では、切り戻しを行ったあとに腐葉土や枯れた葉をかぶせて根や株元を保護します。葉が激しく傷んでも芽や根が無事なら春に芽を吹きます。

細い葉がかなり広がって大きくなるので、場所と将来をよく考えて植えましょう。

水やり・肥料
植え付けて根付くまでの1ヶ月間と真夏に2週間以上全く雨が降らないようなときには与えますが、通常は水やりの必要はありません。肥料は全く必要がありません。

用土
特に選ばずどんな土地でもよく育ちます。

植え替え・植え付け
植え付けは5月~6月、苗を見て傷んだ根があれば取り除いて植え付けます。植え付け直後はたっぷりと水を与えます。根が横に伸びるので複数株植える場合は1m以上間隔をあけて植えないとごちゃごちゃに混み合います。

しつこいくらい言いますが植え付ける際も、鋭い葉でけがをしないように気をつけてください。

ふやし方
株分けでふやすことができます。新芽が伸びてくる3月から5月が適期です。一つの株を2~4つに根元から切り分けて、長く伸びた根を半分くらいに切りつめて植え付けます。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
葉が鋭いので手などをけがしないように
寒さには少し弱い
大型で場所をとるものが多いのでよく考えて植える

関連するページ
パンパスグラスとは
イネ科