ヤサシイエンゲイ

カラーの育て方

カラー


サトイモ科 学名:Zantedeschia 用途 鉢植え 露地植え
難易度
湿地性バー バー バー バー バー(そだてやすい) 畑地性バー バー バー バー バー(ふつう)
耐寒性
湿地性バー バー バー バー バー(ふつう) 畑地性バー バー バー バー バー(ややよわい)
耐暑性
湿地性バー バー バー バー バー(ふつう) 畑地性バー バー バー バー バー(ややよわい)

園芸では、湿地でよく育つ「湿地性」と、乾燥した土地を好む「畑地性」に2タイプに分けられます。地下茎が肥大して球根を作ります。球根の形は種により異なり、細長い地下茎や円形の塊茎があります

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー          
球根植え付け
    バー バー                
肥料
    バー バー バー            
季節・日常の手入れ ポイント
異なる2つのタイプ

湿地性と畑地性の2タイプがあり、性質や育て方が異なります。大まかな違いは以下の通りです。

湿地性
乾燥を嫌い、湿り気のある土壌を好みます。耐寒性があり強健で育てやすい。主な開花期は春。18℃以上の気温があれば冬でも開花する。代表的な品種…オランダカイウ

畑地性
湿地性に比べると若干、暑さや寒さに弱い。適湿な土壌を好む。主な開花期は初夏。代表的な品種…モモイロカイウ・キバナカイウ・シロボシカイウ

主な作業

風通しが悪くなると生育に支障を来したり病気にかかりやすくなるので、枯れた葉や花はこまめに取り除くようにしましょう。花は花茎の付け根から切り取ります。花が終わったあとも葉は球根に栄養を取り込むために重要なので、切らないようにしましょう

日当たり・置き場所

共通

日当たりの良い場所で育てますが、真夏だけは直射日光を避けます。日当たりが極端に悪いと花が咲かないことがあります。地植えは日除けネットやよしずで日除けを行い、鉢植えのものは半日陰の場所におきましょう。夏に日除けをするのは土の高温多湿を避けること、乾燥防止です。特に畑地性は高温多湿に弱いので気温の上昇に気をつけましょう。

湿地性

霜の心配がない暖地なら、庭植えはそのまま冬越しが可能です。凍らせなければ球根は掘り上げる必要はなく、地面に腐葉土や土をかぶせて保温すればよいでしょう。寒冷地ではできれば掘り上げて貯蔵します。鉢植えはそのまま室内に移動させます。環境が合えば、数年間植えっぱなしでもよく育ちます。

畑地性

寒さに弱く地植えの冬越しは困難です(一部、暖地では可能)。鉢植えはそのまま室内に移動させます。庭植えは11月頃に葉が枯れてきたら掘り上げて、乾かさないように軽く湿らせたおがくずや水ゴケにくるんで凍らない場所で春まで貯蔵しましょう。  

水やり・肥料
共通

肥料は球根を植え付ける際に、ゆっくり効くタイプのものを土に混ぜ込んでおきます。追肥として4月~6月の間、月1回のペースで、固形の肥料を適量株元に施します。

湿地性

やや湿り気のある土を好むので、土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えます。水をやる際は上からかけずに葉や茎をどけて株元にそっと与えるようにします(葉や茎に水がかかると傷みやすいので)。乾燥させると生育が弱って花が咲かなくなりますので注意しましょう。生育期の鉢植えは乾かさないように受け皿に水を張っておいてもよいでしょう。冬も極端に乾かさない程度に水を与えますが、晩秋に葉が枯れて休眠に入った場合は、水やりをストップします。

畑地性

春~秋の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。常に土がじめじめ湿っているような状態にすると球根が腐りやすいので注意が必要です。

用土
湿地性

水もちの良い土が適しています。赤玉土6(小~中粒):腐葉土4の割合で混ぜて土を使用します。

畑地性

水はけの良い土が適しています。赤玉土(小~中粒)5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土を使用します。

植え替え・植え付け
共通

同じ場所で長く育てているとだんだんと育ちが悪くなります。3~4年に1回場所を変えて植え替えを行います。適期は3~4月です。球根の植え付けも同様の時期に行います。球根が病気にかかりやすいので殺菌剤を球根にまぶしてから植え付けます

湿地性

大きくなるものが多いので、鉢植えにする場合、8号鉢(直径24cm)に1球を目安に植え付けます。植え付ける深さは球根の頭がちょうど地表と同じくらいの浅植えにします。

畑地性

6号鉢(直径18cm)に2球を目安に植え付けます。植え付ける深さは球根の頭に土を2~3cmかぶせた深さに植えます。

ふやし方
共通

タネまきと分球、いずれかの方法でふやすことができます。タネをまく場合は川砂にタネをばらまいて発芽するまで乾かさないようにし、発芽したら液体肥料を月に1回与えて1年ほど育てたところで掘り上げて鉢に植え付けます。発芽温度は20℃前後です。

湿地性

分球でふやしますが、球根を分けるというより株分けをするというような感じです。適期は9月~10月頃です。あまり細かく分けると花つきが悪くなるので数年に1回程度にしましょう。

畑地性

分球でふやします。適期は4月です。そのほかの注意事項は湿地性のものと同様です。

かかりやすい病害虫
畑地性のカラーは高温多湿に弱く、球根が溶けるように腐る軟腐病にかかることがあります。事前に球根を消毒することである程度防止することができます。また、夏は高温や多湿を避けることも大切です。

まとめ 
湿地性と畑地性で性質が異なる。
日当たり~半日陰の場所で育てる。
花が終わったら花茎の付け根から切り落とす

関連するページ
カラーとは
サトイモ科
球根植物