ヤサシイエンゲイ

ネメシアの育て方

ネメシアゴマノハグサ科 学名:Nemesia 用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ややよわい)

毎年花を咲かせる多年草と一年で枯れてしまう一年草の2タイプがあります。一年草タイプは秋にタネをまいて春に花を楽しむ「秋まき一年草」で、多年草タイプは「宿根(しゅっこん)ネメシア」とも呼ばれます

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期(一年草)
      バー バー バー            
開花期(多年草)
      バー バー バー バー バー バー バー バー  
タネまき
                バー      
植え付け
      バー                
肥料
    バー バー バー     バー バー    

季節・日常の手入れ ポイント
花が雨に当たると傷んで落ちたり、色が剥げるので、開花中は雨の当たらない場所に置きます。

花が満開になりピークが過ぎた頃に上部の1/3くらいで切り戻すと横からまた花芽が伸びてきて花を付けます。茎葉が茂ると蒸れやすいので宿根ネメシアの場合、茎葉がよく茂っていたら梅雨~夏に刈り込んで風通しをよくします。

日当たり・置き場所  ポイント 
日当たりのよい場所で育てます。日照不足になると茎がひょろひょろにバランス悪く伸びてしまい(この現象を「徒長する」と言います)倒れやすくなってしまいます。特にネメシアは徒長しやすい植物なので、日光に充分当ててがっしりとした丈夫な苗に育てます。

一年草タイプは寒風や霜に弱いので軒下やベランダの陽だまりに置くようにします。極端に寒くなるようなら室内の窓際に置いて管理します。

多年草タイプは凍らせなければ大丈夫です。やや高温多湿を嫌がり、夏に開花がいったん止まることがありますが、基本的に丈夫です。

水やり・肥料
水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。もともと砂漠や乾燥した草原に自生する植物で、過湿を嫌います。特に冬はあまり生長せず、水も必要としないので回数を控えて乾かし気味にします。

肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプの粒状の肥料を土に混ぜ込みます。その後は薄めの液体肥料を2週間に1回程度与えます。肥料が多いと葉が茂りすぎて花が咲く頃にはバランスが悪く乱れた姿になってしまいますので気をつけましょう。生育期間を通して控えめでかまいません。

用土
水はけのよい土が適しています。赤玉土5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土を使用します。

植え替え・植え付け
一年草タイプは花が咲いた後に枯れてしまうので植え替えの必要はありません。多年性タイプは鉢の中が根でいっぱいになったら一回り大きい鉢に植え替えます。適期は3月~4月です。

ふやし方
一年草タイプはタネまき、多年性タイプは挿し芽でふやすことができます。

タネまきは9月~10月に行います。鉢や箱に土を入れてタネをばらまきし、ごく薄く土をかけます。水は受け皿を敷いて水をため、底穴から吸水させます(この方法を「腰水」と言います)。本葉が4枚くらいの頃、根を切らないように一つずつ掘り上げて小鉢などに移植していきます。さらに大きくなって本葉が10枚くらいになったら黒いビニールの鉢に1本ずつ植えて、その状態で冬越しします。植え付けるは霜の心配がなくなる4月に入ってからがよいでしょう。鉢植えに仕立てる場合は直15cmの大きさの鉢に一株が目安です。

さし芽は5月か9月に行います。アブラムシなどの付いていない元気な枝を切り取って湿らした赤玉土などに挿します。根がでるまで明るい日陰で管理します。

かかりやすい病害虫
害虫 アブラムシ カイガラムシ ハダニ

ので薬剤を散布して駆除します。
カイガラムシは高温、乾燥期につきやすい害虫で葉裏に付き吸汁します。葉の色が点々と抜けたり、かすりのようになったらハダニの可能性が高いです。葉裏を確認し、見つけたら薬剤を散布します。

まとめ 
水は乾いたらたっぷりと。過湿にしない
一年草タイプは雨に当てない、霜や寒風に注意
日当たりのよい場所で育てる

関連するページ
ネメシアとは
ゴマノハグサ科