ヤサシイエンゲイ

幹がマツっぽくない

シロマツ

シロマツ
科名:マツ科
学名:Pinus bungeana
別名:ハクショウ サンコノマツ
原産地:中国北西部
開花期:4月~5月
樹高:~30m

難易度バー バー バー バー バー ふつう
耐寒性バー バー バー バー バー つよい

シロマツとは

葉っぱ
葉っぱは三束生
樹皮
モザイク状の木肌
中国北西部原産のマツです。漢字を当てると「白松」で幹の色合いに由来します。通常は樹高4m~15mほどですが、自生地では30mを超す大木になります。

植物園や寺社でごくたまに植えられていますが、庭木としては普及していません。日中友好の木として、多くのタネが原産地の中国より贈られているので、公園などでも見られるのかもしれません。中国では寺院などでよく見られます。

樹形は、一本の幹がすくっと上に伸びる単幹になることもあれば、株元から枝分かれして数本の幹が伸びる株立ちになることもあります。

葉っぱは3本が一束になった三束生(三葉松)で長さは10cmくらいです。その年伸びた枝の先端に雌花、付け根に雄花を付けます。開花期は4月から5月です。松ぼっくりの大きさは縦5cm~7cmです。

マツ類の幹はざらざらしてひび割れた様になるものが多いですが、シロマツの幹は滑らかです。葉っぱはしっかり松葉なのですが、幹が俗に言う松皮っぽくないので、ちょっと戸惑います。樹形(樹冠)は先端の幅があるタマゴ型です。

若木の幹は緑色で、雨にしっとり濡れると鮮やかさが増してきれいです。年を経ると樹皮がまだらにはげ落ちていき、緑白色や褐色などの色彩が混ざったモザイク状の木肌になります。さらに老木になると幹全体が緑がかった白色になります。

育て方

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー              
植え付け
      バー バー              

日当たり
日当たりの良い場所が適しています。

植え付け
土質は選ばず、乾燥にも強いです。植え付けの適期は4月~5月です。植栽適地は北海道~九州です。

ふやし方
タネをまいて増やします。

手入れ
剪定で形を整えることもできますが、枝の出方がやや粗く、芽吹く力はクロマツなどに比べると弱いです。性質自体は強いです。

関連するページ
マツ科
花木・庭木