ヤサシイエンゲイ

青紫の小花を房状に咲かせる

デュランタ

デュランタ
科名:クマツヅラ科
学名:Duranta repens
(= D. erecta)
別名:ハリマツリ タイワンレンギョウ
原産地:北アメリカ南東 ブラジル
西インド諸島
樹高:2m-6m
開花期:4月~10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

デュランタとは

デュランタの仲間は南アメリカを中心におよそ30種が知られていますが、ふつう「デュランタ」の名前で栽培されているのは、デュランタ・レペンス(エレクタ)という種です。

レペンスはキーウェスト島(フロリダ)~ブラジル ・西インド諸島に分布する熱帯性花木で大きくなると樹高は6mになります。標準和名はハリマツリで、そのほかにタイワンレンギョウの別名があります。分類上は常緑樹ですが、日本で秋から冬にかけて低温で落葉することが多いです。花木もしくは観葉植物として扱います。気温があれば一年を通して開花しますが、一般的には春から秋が開花期です。花色は青紫で垂れ下がる花茎に径1cmほどの花を房状に咲かせます。花後にオレンジ色のつぶつぶとした果実がたくさんつきます。

花色が濃い青紫で、花びらに白い縁取りが入る'タカラヅカ'が広く出回っています。葉っぱが明るい黄緑色で光沢のある’ライム’は葉っぱを鑑賞する品種で、寄せ植えや花壇の縁取りに利用されます。

デュランタの名前は16世紀の植物学者C.デュランテスにちなみます。

関連するページ
デュランタの育て方
クマツヅラ科