ヤサシイエンゲイ

花中心に入る模様が特徴的

チグリジア

チグリジア
科名:アヤメ科
学名:Tigridia pavonia
別名:トラフユリ タイガーリリー
原産地:メキシコ グアテマラ
草丈:40cm-70cm
開花期:6月-8月

難易度バー バー バー バー バー そだてやすい
耐寒性バー バー バー バー バー よわい
耐暑性バー バー バー バー バー ふつう

チグリジアとは

球根
球根

春に植え付けると夏に花を咲かせる球根植物です。葉は長さ30cm~40cm、先端の尖った細長い剣状で縦方向に筋が入ります。花の大きさは直

12cm前後、大きな花びら3枚が三角を形作る特徴的な形をしており、中心部分はやや平たいお椀形です。花色はピンクや白、オレンジや黄色など豊富で、中心に赤い斑の入るものが多いです(斑の入らないものもあります)。1日花で朝に開いた花は夕方にはしぼみ、一本の花茎から1~数個の花を順番に咲かせます。 花の中心に入る斑の様子から和名でトラフユリ、英名ではタイガーフラワーの別名があります。

名前はラテン語のチグリス(トラ)に由来し、花の中心にトラ柄のような模様がでる姿にちなみます。

種類

〔〕内は学名

チグリジアの仲間はメキシコから中央アメリカ、ペルー、チリに約23種が分布します。その中でもメキシコからグアテマラにかけて分布するパヴォニア〔Tigridia pavonia〕の園芸品種が広く親しまれ、園芸でチグリジアというと、だいたいこの種を指します。

育て方

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
          バー バー バー        
球根植え付け
    バー バー          
球根掘り上げ
                バー バー
肥料
      バー バー バー バー    

日当たり・置き場所
春~秋の生育期間は日当たりの良い場所が適しています。花の中心に斑の入る品種は、日当たりが悪いと斑がくっきりと出ないことがあります。

秋に葉が黄色く枯れたら球根を掘り上げて陰干しします。寒さに弱く、球根の状態でも5℃~8℃の気温が必要なので室内で貯蔵します。鉢植えの場合、葉が黄色く枯れたら水やりをストップしそのまま室内で冬越しさせてもかまいません。

水やり・肥料
過湿を嫌うので土の表面が乾いてから水を与えます。常に土がじめじめした状態だと球根が腐ることがあります。

球根を植え付ける際、ゆっくり効くタイプの化成肥料を土に混ぜ込んでおきます。その後、芽が出てきたら10日に1回程度液体肥料を与えます。

かかりやすい病気・害虫
特にありません。

植え付け・用土
球根の植え付け球根の植え付けは4月から5月中旬が適期ですが、寒さに弱いのであわてず、充分気温が上がる5月に入ってからの方が無難です。

地植えは10cm間隔で、鉢植えは5号鉢(直径15cm)に3球を目安に植え付けます。深さは2cm~3cmが適当ですが、浅く植えると地際から葉が倒れやすいので、水はけのよい土の場合はやや深め(5cm~7cm)に植え付けてもかまいません。

水はけのよい土が適しています。鉢植えは赤玉土(小粒)6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜた土を用います。

ふやし方
分球とタネまきでふやすことができます。

分球は球根を掘り上げる際、親球にくっついている子球を分けて貯蔵し翌春、親球同様に植え付けます。

花が咲き終わった後、そのままにしておくとタネができます。できたタネは自然に乾燥させた後、採取して保存しておき4月~5月中旬にまきます。

手入れ
元来は冷涼な気候で育つ植物ですが暑さには比較的強く、日本の夏も問題なく越します。ただし、耐寒性はないので冬は球根を掘り上げて貯蔵します。

ひとつの花は短命で、朝に開いたものは夕方にはしぼみます。しぼんで枯れた花はこまめに摘み取るようにします。ただし、1本の花茎に数個の花を咲かせることも多いので、花茎は地際から切り落とすようなことはせず枯れた花の部分だけ摘み取るようにします。

葉が非常に長く生長して地際から倒れやすいので支柱を立てるか、球根を植え付けるときやや深めに植え付けるようにします。

ポイント
・寒さによわいので秋に球根を掘り上げる
・球根は春に植え付ける
・水はけのよい土壌で育てる

関連するページ
アヤメ科
球根植物