ヤサシイエンゲイ

性質強く公共樹にも適する

トベラ

トベラ
科名:トベラ科
学名:Pittosporum tobira
別名:トビラノキ トビラギ
原産地:日本 中国 朝鮮半島南部
樹高:2m-4m
開花期:4月-5月
難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)

くわしい育て方

トベラとは

花

未熟な果実
未熟な果実
熟した果実
熟した果実

日本や朝鮮半島南部、中国沿岸部を原産とする広葉樹です。常緑で潮風や大気汚染に強いので海岸に近い場所や公園に多く植えられています。葉は幅2~3cmで先が丸く、表面に光沢があり厚めでやや革質です。葉は乾くと裏側にくるりと巻き込みます。

4~5月になると枝先に芳香のある白い小さな花をたくさん咲かせて丸い果実ができます。果実は10月頃に熟して3つに裂け、ねばねばとして糸を引いた赤いタネが中から出てきます。雌雄異株で果実は雌株ににできます。

用途・由来

トベラは節分に悪除けのため枝を扉にはさんだところからトビラノキといわれ、それが転じてトベラとなったといわれています。

属名のピットスポルムはギシリア語のピッタ(瀝青)†とスポラ(タネ)からなり、タネがねばねばした粘液に包まれている姿に由来します。

†補足
瀝青(れきせい)炭化水素化合物、よく知られたものにアスファルトやコールタールがあります。

種類

〔〕内は学名、P.はPittosporumの略。

別種に暗緑色の葉を持つクロバトベラ〔P. tenuifolium〕や、シマトベラ〔P. undulatum〕とその園芸品種、ヴァリエガタ〔P. undulatum 'Variegata'〕などがあります。 また、クロバトベラには葉色や模様がバラエティーに富んだ多くの園芸品種があります。

関連するページ
トベラの育て方
花木・庭木