ヤサシイエンゲイ

日本固有の落葉樹

トチノキ

トチノキ
科名:トチノキ(ムクロジ)科
学名:Aesculus turbinata
別名:クリトチ オオトチ
原産地:日本
樹高:10m~30m
開花期:5月-6月

難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (ふつう)

トチノキとは

 日本全国に分布する落葉性の高木です。主に山野の渓谷沿いや深山に自生します。非常に大きくなる樹木で、樹齢300年以上、樹高30mに達する巨木も知られています。幹がまっすぐ立ち、四方に伸ばした枝振りが美しく、庭園のほか街路樹にも利用されます。葉が大きいので夏に木陰を作る緑陰樹にも適しています。秋に葉が黄葉します。
葉は25cm前後で先端のとがった楕円形、傘を広げたように5~7枚の小葉を付けます。花の咲く時期は5月~6月、1.5cmほどの花を円錐状にたくさん咲かせます。色はクリーム色で、赤い斑点が入ります。
秋に硬い殻をもつ黄褐色の丸い果実が出来ます。殻の中には茶色のタネ(トチの実)が入っています。見た目は少しクリに似ています。トチの実はサポニンを多く含んでおり、渋抜きをしてトチ餅、お菓子、せんべいなど食用とされます。渋を抜くには非常に手間がかかります。栃木県の県木に指定されています。
近縁種のベニバナトチノキ〔Aesculus × carnea〕も街路樹などに広く利用されています。

育て方

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー            
剪定
バー バー                   バー
肥料
バー バー           バー      

日当たり・置き場所
日当たりのよい、湿り気のある土壌を好みます。乾燥を嫌うので、西日の当たる場所は適しません。

水やり・肥料
乾燥が苦手なので、水切れに気をつけます。

肥料は冬と夏の年2回、堆肥や鶏糞を株元に与えます。

かかりやすい病気・害虫
あまり病害虫の被害は見られませんが、たまにクスサンの幼虫(7~8cmになる大きなケムシ)が付くことがあります。薬剤を散布して駆除します。

植え付け・用土
植え付けは落葉期に行いますが、厳寒期(1月~2月)はできれば避けます。植え穴は大きく掘り、腐葉土や堆肥をたっぷり混ぜ込んで植え付けます。植え付け後はぐらつかないようにしっかりと支柱を立てます。

腐葉土や堆肥のたっぷり張った、湿り気のある土壌が適しています。性質は強健で土質をあまり選ばず育ちますが、乾燥地は適していません。

ふやし方
熟した果実からタネを取り出してまきます。

タネは乾燥させると発芽力が落ちるので、採取したらすぐにまきます。

手入れ
放任でも樹形が整うので、基本的に剪定の必要はありません。自然樹形が最も美しいです。落葉期に混みすぎて邪魔になった枝を整理する程度にとどめます。

ポイント
日当たりがよく、湿り気のある土壌でよく育つ
剪定は邪魔な枝を切る程度

関連するページ
トチノキ科
花木・庭木