ヤサシイエンゲイ

街路樹植栽総数(高木)全国5位の実力?

トウカエデ

トウカエデ
科名:ムクロジ(カエデ)科
学名:Acer buergerianum
別名:サンカクカエデ
原産地:中国 台湾
樹高:10m~20m
主な開花期:4月~5月

難易度バー バー バー バー バー そだてやすい

耐寒性バー バー バー バー バー つよい

耐暑性バー バー バー バー バー ふつう

トウカエデとは

中国の長江流域を中心とした地域、台湾に分布する落葉樹でカエデの仲間です。日本には江戸時代(享保年間)、長崎に渡来したのがはじめとされます。街路樹や公園樹としてかなり植えられている、本当に身近な樹木です。街路樹(高木)の中では植栽本数で全国5位です。幅広い環境に適応し、病害虫に強く、樹形も整えやすいので、それらの利点が買われての上位ランクインなのでしょう。変種や園芸品種は盆栽や庭木としても利用されます。

平成24年 国土交通省 国総研資料 第 780 号

姿・形

樹高は10m~20mになります。樹皮は灰褐色で、表面はささくれたように縦に剥がれます。

葉っぱは長さ4cm~8cmで、水かきの付いたアヒルの足のような形です。表面にはツヤがあります。主脈は葉のつけ根から三叉に分かれて伸びます。基本的に全縁(縁がまっすぐでギザギザにならない)ですが、幼木の葉はゆるいギザギザになります。枝には左右同じ位置に付く対生です。若葉は赤みがかった色で、秋に紅葉もしくは黄葉します。

花の時期は4月~5月で、若葉が完全に開いた頃に咲きます。細かく分かれた短い花茎に20コ程度の花がまとまって咲きます。花色は淡い黄色で、雄花(雄しべのみ)と両性花(雄しべと雌しべがある)が混ざって咲きます。果実は薄い膜状の翼型で、10月頃に熟します。

園芸品種

様々な園芸品種があります。

幣取山(ぬさとりやま)…葉緑素の欠いた品種で、若葉は淡いピンクで美しく、夏には緑色になります。そのままでは生育できないので、普通のトウカエデに接ぎ木して栽培します。

花散里(はなちりさと)…若葉がピンクで、白→黄緑→緑と変化していきます。日陰でも葉の発色が良いです。

美濃八房(みのやつぶさ)…裂けた葉の一片一片がほっそりしています。

宮様楓(みやさまかえで)〔var. formosanum〕…台湾産の自然変種で、枝が直立しません。小型で、実がよく付きます。盆栽に適しています。

名前の由来

中国から来たカエデという意味です。別名のサンカクカエデは葉の形から来ているのでしょう。園芸名の通天、通天楓は京都・東福寺の通天橋に由来します。

種小名のビュエルゲリアヌムはシーボルトの助手だったビュルガーにちなみます。

葉っぱ
葉っぱ
樹皮
樹皮
紅葉
紅葉
 

育て方

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー              
植え付け
                    バー バー
剪定
        バー バー バー       バー バー

 

適した場所
水はけのよい適湿な土壌を好みますが、日当たりの良い場所なら土質を選ばずによく育ちます。日当たりが悪いと秋の紅葉が冴えません。

耐寒性もあり、植栽適地は北海道南部~九州です。

植え付け
樹が完全に休眠に入る頃、11月下旬~12月が適期です。

手入れ
樹形を乱す徒長枝(勢いよく直立する枝)は積極的に切ってしまいますが、無闇な剪定はしない方が良いでしょう。特に、根元近くまで切り詰めるような強剪定は避けます。

芽吹く力が強く、枝もよく伸ばすのでスペースに応じて小さくまとめることはできますが、樹形ができあがってしまったら、大がかりな剪定はしない方が良いです。場所に余裕があれば、自然樹形で楽しむのが一番です。

剪定の適期は5月中旬~7月、11月下旬~12月です。 徒長枝は若木や枝を切り戻した場合に出やすいです。

ふやし方
タネをまくか、さし木でふやします。

病害虫
ウドンコ病、アブラムシなどの被害を受けます。

ポイント

大がかりな剪定は避ける
徒長枝は切る
日当たりの良い場所で育つ

関連するページ
ムクロジ科
花木・庭木