ヤサシイエンゲイ

夏の風物詩

アサガオ

西洋アサガオ ヘブンリーブルー
変化アサガオ 桔梗咲き
科名:ヒルガオ科
学名:Ipomoea nil (Pharbitis nil)
原産地:熱帯 亜熱帯 ヒマラヤ高原
別名:朝顔《漢字表記》
草丈:つるが長く伸びる(伸びないものもある)
主な開花期:7月-9月
栽培難易度:バー バー バー バー バー(そだてやすい)

くわしい育て方

アサガオとは

日本人に馴染みの深い夏の風物詩、 というイメージの強い植物です。 日本で改良されたものと海外で改良されたものに大きく分けられます。分類的にはヒルガオ科イポメア属の草花となります。イポメア属はサツマイモ属ともいい名前の通りサツマイモもここに属します(おもしろいと言う以外、特に意味はありませんがサツマイモの茎に朝顔の芽を接ぎ木することもできます)。

「早朝に咲いて日が昇る頃にはしぼむ、つるを伸ばす夏の花」というイメージがありますが、昼間に咲くもの、つるの伸びないもの、秋に咲くものなど非常にバラエティーに富んでいます。花色は黒と黄色†以外はだいたいそろっていおり、主なものに白、紫、ピンク、ブルー、紺、グレー、茶などがあります。単色だけではなく、縁取り、絞りや斑点模様がはいるものなどがあり、花色と組み合わせると非常に豊富な花姿があります。
†補足 花色は黒と黄色以外
クリーム色がった花色のものはあるが、濃い黄色のものは現存しないとされています。

アサガオの由来はいくつかあるようですが、よく知られているのは「朝に咲く容花(かおばな)」説です。「容」は古語で「ひときわ美しい」と言う意味があり、「容花」は「ひときわ美しい花」となります。ちなみに、単に「容花」と言うと、ヒルガオのことを指すとされます。

来歴

原産は東南アジア

日本では古くから栽培されている植物で、日本原産の植物のように感じてしまいます。はっきりとはわかっていないのですが、大元となる種は東南アジア~ヒマラヤ高原が原産ではないかと言われています。日本には奈良時代に中国から薬として入ってきました。タネが牽牛子(けにごし、けんごし)と呼ばれ、下剤として用いられました。効き目が強すぎるそうで、現在では使われません。

現在のアサガオのカラフルさからは考えられませんが、当時の花色は薄青色のみだったそうです。

江戸に花開く 園芸栽培の確立

当初薬用だったアサガオが鑑賞目的に栽培されるようになったのは江戸時代に入ってからです。 江戸初期に白色のアサガオが登場、その後様々な花色がお目見えしました。人々の関心を集めるとともに、改良は進み、庶民にまで広く栽培されるようになりました。花や葉が珍しい『変化アサガオ』の登場でその栽培熱は最高潮に達しました。

明治に入ると、アサガオに対する人々の嗜好にも変化が現れました。いかに大きい花を咲かせられるかという、『大輪アサガオ』に人気が移ったのです。大輪アサガオは直径が20cmを超す花を咲かせるものに冠されます。 
楽しむ幅が広い園芸植物

以上見てきたように、江戸時代には栽培が確立された古典植物のひとつです。記録にはあるものの時代の流れの中で実物が失われた品種もあると聞きます。日本で最高の園芸技術が確立された植物のひとつといえるでしょう。

様々な仕立て方や栽培方法があり、愛好家も多く、突き詰めると趣味性の高い植物と言えます。いっぽう、単に花を咲かせるだけならさほど労はないので、学校教材としても利用されます。また、生育旺盛でつるをよく伸ばすものは垣根にすることもあります。

近縁種

植物学的にはアサガオというと学名で’Ipomoea nil’と呼ばれる種を指すのですが、園芸では以下の種もアサガオしくはアサガオの仲間として広く親しまれています。また、これらと掛け合わせて作られた園芸品種もたくさんあります。

アメリカアサガオ〔I. hederacea〕
熱帯アメリカ原産、径3cmほどの淡青色の花を咲かせます。日本には明治時代に入ってきて、現在は各地で野生化しています。アサガオとは最も近縁の種とされます。

ソライロアサガオ〔I. tricolor〕
セイヨウ(西洋)アサガオとも呼ばれます。花の大きさは8cm~10cmと大きく、名前の通り空色の花が魅力的です。生育は旺盛で縦横無尽につるを伸ばすのでグリーンカーテンとしても利用されます。アサガオとはやや遠縁です。園芸品種の’ヘブンリーブル-’は広く栽培されており、曽野綾子の小説「天上の青」でも有名。

マルバアサガオ〔I. purpurea〕
熱帯アメリカ原産、ヨーロッパやアメリカで改良されて色々な園芸品種が作られました。アサガオに比べると寒さに強い品種が多いのが特長です。花色は紫、青、白、赤などがあり、絞り模様になる品種もあります。ツルがよく伸びて花色もカラフルなので、垣根や柵に絡ませても楽しいです。

ノアサガオ 〔I. congesta〕
西日本、南西諸島に分布します。多年性で花後は枯れずに根付き、毎年花を咲かせます。花の大きさは10cm前後で色は青紫色、沖縄ではアサガオというと本種がポピュラーです。タネはほとんどできませんが、茎から根を出して簡単に増えていきます。変異種に花が非常にたくさん付く’オーシャンブルー’があります。琉球アサガオの名前で出回ることもあります。

他の画像

切咲
変化アサガオ
切咲
撫子咲
変化アサガオ
撫子(なでしこ)咲
サンライズセレナーデ
サンライズセレナーデ


掲示板過去ログ

育て方
アサガオは午後のみの日差しで咲きますか?〔4月〕
朝顔の育て方について〔5月〕
るこう草と朝顔を一緒の鉢に育てるのは問題あり?〔5月〕
小さな鉢でも朝顔は育てられますか?〔5月〕
朝顔の鉢の大きさは?〔5月〕
あさがおの植え替え〔5月〕
葉の大きなアサガオにしたい〔6月〕
朝顔の植え替え〔7月〕
アサガオのツル|伸びすぎた〔7月〕
あさがおの花柄つみ〔7月〕
アサガオの育て方|中途半端な咲き方〔7月〕
あさがおの置き場所について〔7月〕
朝顔を長く咲かせるためにする切り戻しについて〔8月〕
帰省中に枯れるであろう朝顔|留守中の水やり〔8月〕
朝顔の種はそのままでいいんですか〔8月〕
朝顔の葉摘みは可能?〔8月〕
込みあった朝顔〔8月〕

タネのまき方
アサガオの種をまく心得を教えてください〔5月〕
朝顔の種|まき方〔5月〕
朝顔の種まき〔7月〕
アサガオのことで・・・|11月にタネをまきました〔11月〕

仕立て方
朝顔をステキに!〔4月〕
アサガオの垣根〔5月〕
あさがおで緑のカーテンを作りたい〔6月〕
朝顔の支柱は〔6月〕
朝顔を支柱なしで育てる方法はありますか?〔7月〕
あさがおのつるが伸びて・・・どうすれば?〔7月〕
朝顔の誘引について〔7月〕
アサガオを高く育てたい〔7月〕
朝顔のつるの誘引〔7月〕
あさがおのグリーンのカーテン〔8月〕

タネの採り方

アサガオの種の採り方〔7月〕
あさがおの種の保存の仕方〔7月〕
昨年の朝顔から、こぼれた種で花は咲きますか?〔7月〕
朝顔の種は何色で採るのですか〔8月〕
朝顔の種ができません(ToT)〔8月〕
もうそろそろ朝顔は終わり?|タネのとる時期保存方法〔9月〕
朝顔の種とり〔9月〕
あさがおの種|どれがタネ?〔9月〕

花が咲かない
朝顔のつぼみ|咲かずに枯れ落ちる〔6月〕
枝垂れ朝顔のつぼみがまだない・・・〔7月〕
アサガオのつぼみが大きくなりません。〔7月〕
アサガオのつぼみが咲かずに枯れました。〔7月〕
朝顔が咲かない〔7月〕
朝顔のつぼみⅡ|つぼみだけが枯れ落ちる〔7月〕
朝顔がまったく咲かない、なぜ〔8月〕

葉が枯れる
朝顔の葉が紫色です。〔6月〕
朝顔の葉|葉っぱがしわしわ〔7月〕
昼になるとアサガオの葉っぱがしおれちゃう〔7月〕
あさがおの|葉っぱがしおれてつぼみが黄色く〔7月〕
朝顔の葉の色|黒くなりしおれてきた〔7月〕
アサガオの葉がみるみる枯れおちます(T_T)〔8月〕
朝顔の葉っぱが黄色に!〔8月〕
あさがおの葉が枯れる〔8月〕
朝顔の葉がどんどん枯れる〔8月〕

調子が悪い・病害虫
朝顔の双葉につく虫(?)の駆除は〔5月〕
朝顔のつるの先がおれてます〔7月〕
アサガオの葉が食べられてます〔7月〕
朝顔の実につく害虫?〔7月〕
朝顔が結実しない〔8月〕
地植えの朝顔が根づまり??〔8月〕
朝顔の葉が病気では?〔8月〕
朝顔が急に枯れたのは、土に栄養与えすぎ?〔8月〕
朝顔が枯れそう 〔8月〕
アサガオの種が出来ない〔11月〕

西洋アサガオ・宿根アサガオ
朝顔の宿根草ってありますか?〔4月〕
西洋朝顔の花の色|何色があるのですか?〔5月〕
ヘブンリーブルーの植え付け〔6月〕
西洋朝顔の仕立て方について〔7月〕
ヘブンリーブルーが、フライングソーサーに?〔8月〕
西洋アサガオの蔓がのびのび〔8月〕
西洋あさがおの育て方|ふくらんだつぼみが開きません〔8月〕
ヘブンリー・ブルーのはずが・・・|花色が赤い〔8月〕
宿根あさがおが未だにさきません・・・・〔9月〕
ヘブンリーブルーの種の採取〔10月〕
宿根性アサガオの育て方〔10月〕

その他
朝顔の芽の色|赤っぽい芽は赤い花が咲く?〔5月〕
朝顔の花の色|しぼむときに変色する?〔6月〕
朝顔 早すぎる花芽〔6月〕
琉球(宿根)朝顔について〔7月〕
アサガオの花びらが切れるのはなぜ?〔8月〕
水色の朝顔の種の筈なのに・・・|白しか咲かない〔8月〕
朝顔の種はいつまで大丈夫?〔8月〕
アサガオの謎|花が2連で咲く〔8月〕

関連するページ
アサガオの育て方
アからはじまる植物
夏から冬に咲く草花
ヒルガオ科の植物
つるが伸びる植物