ヤサシイエンゲイ

アキメネスの育て方

アキメネスイワタバコ科 学名:Achimenes用途 鉢植え
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(よわい)

高温期はぐんぐん茎を伸ばして、次々に新しい花を咲かせます。花は細長い筒状で先端がラッパのように大きく開きます。花色は青、紫、ピンク、赤、白、黄色などがあり、大きさは大輪種で直径7~8cmになります

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
            バー バー        
球根植え付け
        バー              
肥料
      バー バー バー          

季節・日常の手入れ 
枝分かれしにくくそのまま育てると上には伸びますが横には茂らず、ひょろひょろした感じになります。本葉4~5枚の頃に枝の先端の芽を摘み取ると、横からわき芽が伸びてきてバランスよく茂ります。

茎が倒れやすい品種は、伸びてきたら支柱を立てます。支柱を立てずに吊り鉢に仕立てもおもしろいでしょう。

日当たり・置き場所 ポイント  
直射日光は苦手なので室内、外でも半日陰の場所で育てます。室内でも真夏はカーテン越しくらいの日光がよいです。暑すぎると生育が弱るので風通しのよい涼しい場所を選びます。

寒さにも弱いですが、秋に地上部分が枯れて地下の球根の状態で冬を越すので、霜のあたらない場所で土を凍らせないようにすれば冬越しは簡単です。

水やり・肥料 ポイント
春に芽が出て、花が咲いて秋に地上部が枯れるまでの生育期は土が常に湿っている状態にしておく必要があります。土の表面を触って半乾きの状態になったらたっぷりと水を与えるようにします。その際、直接葉に水がかかると葉が傷むので、水を与えるときは地際にゆっくりと与えるようにします。

肥料は花の咲く時期に普通の草花に与える倍に薄めた(市販されている希釈タイプの液体肥を2000倍に薄めたもの)を週1回の割合で与えると花つきが良くなります。

用土
赤玉土4:ピートモス4:砂2の割合で混ぜた用土を使用します。腐葉土ではなくピートモスを使う理由は、室内で育てることを前提としているからです(腐葉土はカビやすい)。

植え替え・植え付け
球根植え付け花が咲き終わって、地上部が枯れたあとに球根を掘り上げるとまわりに新しい球根ができてきます。その球根を凍らせないように暖かい場所で保存しておき春になったら、まず球根を湿らせたバーミキュライトの中に植え付けて芽を出させます。作業の適期は5月頃で、だいたい25℃前後で発芽します。芽が出たら、上記の用土で植え付けます。植え付ける深さは3cmくらい、鉢の大きさは5号鉢(直径15cm)に1~3球を目安に植え付けます

ふやし方
「植え替え、植え付け」の項で紹介したように自然に球根がふえます。さし芽でもふやすことができます。

さし芽は5月頃に枝の先端を10cmくらい切り取り、土に挿します。秋になると地上部分が枯れるので、鉢ごと凍らさないように管理し(水やりは必要ありません)春に暖かくなったら徐々に水を与えて芽を出させます。秋に球根を掘り上げて保存し、春になったら2~3球まとめて植える方法もありますが、球根は細くて折れやすいため扱いに注意しましょう

かかりやすい病害虫
ホコリダニの発生が見られます。

まとめ 
極端な暑さ、寒さには耐えられない
雨には当てない
生育期は湿りぎみに保つ

関連するページ
アキメネスとは
イワタバコ科
球根植物