ヤサシイエンゲイ

青紫色の花がきれいなハーブ

アルカネット

アルカネット
科名:ムラサキ科
学名:Alkanna tinctoria
別名:アルカンナ
原産地:ヨーロッパ南東部
草丈:10cm-30cm
開花期:5月~7月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名

アルカネットとは

ヨーロッパ南西部原産の多年草で、毎年初夏になると小さな青紫色の花を咲かせます。観賞用の草花というより、利用価値の高い作物・ハーブといった趣の強い植物です。例えば根は赤やピンクの染料の原料に、芳香のある葉は乾燥させてポプリに利用されます。古代エジプトでは化粧品になったり、昔のヨーロッパでは若葉や花が食用に、煎じた根はかゆみ止めや抗菌剤などの薬用になったそうです。近年は肝臓に有害な物質を含んでいることがわかり、食用にはされなくなりました。

姿形や性質が非常に似ている同じムラサキ科のアンチューサ〔Anchusa officinalis〕のことをアルカネットと呼ぶこともあります。

関連するページ
アルカネットの育て方
ムラサキ科
ハーブ・野菜