ヤサシイエンゲイ

公園や道路脇にも植えられる

アベリア

アベリア
フランシス・メイソン
科名:スイカズラ科
学名:Abelia × grandiflora
別名:ハナツクバネウツギ
原産地:園芸種
樹高:50cm-2m
開花期:5月~10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、A.はAbeliaの略

アベリアとは

アベリアは東アジア、メキシコにおよそ30種が分布する低木で、日本にも2種が自生します。その中でもよく植えられているのは半常緑性のグランディフローラ種です。

グランディフローラ種は中国原産のキネンシス種〔A. chinensis〕とユニフローラ種〔A. uniflora〕を掛け合わさった雑種です。栽培されているのはその中でも人の手によって育種・選抜された園芸種です。園芸で単に「アベリア」というと本種を指すのが一般的です。細い枝をたくさん伸ばして、よく茂ります。葉っぱは光沢のある濃緑色、形は長三角形で小振りです。主な開花期は春から秋で、花は小さな釣鐘状で色は白やピンクです。極端に寒いと冬に落葉することがあります。

病害虫が少なく丈夫で枝をよく出し、刈りこんで色々な形に仕立てられるので生垣の他、公園や道路脇の植え込みにもよく植えられます。成長の遅い品種は場所をとらず、寄せ植えなどでも楽しめます。

主な品種

性質などの異なる品種がたくさんあり、用途に応じて使い分けできるのもアベリアの特長です。葉に黄色や白の縁取りの入る葉の美しい品種も多くあります。

エドワード・ゴーチャー〔A. × grandiflora ’Edward Goucher’〕
花付きがよくて成長が遅いのが特長で、性質も強いです。花色はピンクです。

フランシス・メイソン〔A. × grandiflora ’Francis Masson’〕
葉に黄色い縁取りが入ります。花色は白です。

サンライズ〔A. × grandiflora ’Sunrise’〕
若葉は黄色い縁取りが入り、その縁取りが秋頃に赤オレンジ色に変わる姿が美しいです。花色は白です。

コンフェティ〔A. × grandiflora ’Confetti’〕
葉に白い縁取りが入り、秋頃に赤く色づきます。花色は白です。

関連するページ
アベリアの育て方
スイカズラ科
花木・庭木