ヤサシイエンゲイ

白花の’モンタナ’がよく育てられる

アレナリア

アレナリア・モンタナ
アレナリア・モンタナ
科名:ナデシコ科
学名:Arenaria
別名:ハクレンボク
原産地:北半球の高山・亜高山
草丈:5cm-15cm
開花期:4月~6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

アレナリアとは

北半球の高山、亜高山帯を中心に150種が分布し、日本でも数種類が知られています。湿った岩場や礫地に自生します。一年で枯れる一年草と毎年花を咲かせる多年草があります。草丈はあまり高くならず、クッション状に茂るものが多いです。また、つるを地面にはわせて生長するものもあります。花色は白が中心で、珍しいもので桃紫色の種もあります。鉢植えでの栽培のほか、ロックガーデンにも適します。

属名でもあるアレナリアは「砂」や「砂地」という意味で、礫地や砂質の土壌に自生するところにちなみます。

仲間 

〔〕内は学名、A.はArenariaの略

モンタナ〔A. montana〕
ピレネー山脈原産。草花として広く流通しいている種で、花は白色で径1.5cm。アレナリアの中では最も育てやすくい大型品種です。

グラキリス〔A. gracilis〕
旧ユーゴスラビア原産の高山性種。小さくクッション状に茂り白い花を咲かせます。

プルプラスケンス〔A. purpurascens〕
ピレネー山脈原産。桃紫色の花を咲かせる。

グランディフロラ〔A. grandiflora〕
ヨーロッパアルプス原産種。和名オオユキソウ。

カトーアナ〔A. katoana〕
日本の東北地方の一部に分布。和名カトウハコベ。山野草として普及しています。

また、道ばたや空き地でよく見られる野草にノミノツヅリ〔A. serpyllifolia〕があります。

関連するページ
アレナリアの育て方
ナデシコ科
山野草の仲間