ヤサシイエンゲイ

路傍の草にもまけない強さ

アプテニア(ベビーサンローズ)

アプテニア
科名:ツルナ(ハマミズナ)科
学名:Aptenia cordifolia
別名:ハナツルソウ(花蔓草)
原産地:南アフリカ東部
草丈:5cm(立ち上がらず這うように伸びる)
主な開花期:6月-10月(※真夏は休む)

難易度バー バー バー バー バー (やさしい)
耐寒性バー バー バー バー バー (やや弱い)
耐暑性バー バー バー バー バー (強い)

アプテニア(ベビーサンローズ)とは

南アフリカ東部原産の植物で、庭先などでよく見られるマツバギクに近い仲間で、英語名「ベビーサンローズ」でよく知られています。また、ハナツルクサ(花蔓草)とも呼ばれます。丈夫で這う性質を活かして、春から秋のグランドカバーやロックガーデン、吊り鉢などに利用されます。

茎は立ち上がらず地面を這うようにして四方に広がっていき、一株で径60cmほどに茂ります。葉は先のとがったヘラ状で表面にはツヤがあります。肉厚で多肉質、内部に水分がたっぷり蓄えられるようになっています。

初夏~秋にかけてデージーを彷彿とさせるような形の花を咲かせます(真夏はいったん休む)。花の大きさは1.5cm程度で、濃い桃色です。花自体はきれいなのですが、株のところどころにちょぼちょぼと咲くといった感じでさほど目立ちません。葉に白い縁取りが入る斑入り種'バリエガタ'も普及しています。

育て方

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
  バー バー   バー バー
植え替え
バー        
肥料
バー バー バー バー   バー バー

日常の手入れ・日当たり
乾燥と暑さに強い植物で、日当たりと水はけの良い場所で育てます。生育おう盛で、すき間のようなわずかなスペースがあれば栽培可能です。生育期は盛大に伸びて他植物の領域を侵すことがよくありますので、寄せ植えにしている場合は適宜切り戻して広がりを調整します。

耐寒性はやや劣るものの、霜に当てなければ戸外でも充分冬を越します。乾かし気味で肥料は控えめというように「あまり手間をかけない」ほうがよく育ちます。

水やり・肥料
乾燥に強い植物ですが、反面多湿には弱い性質です。鉢植えのものは土が乾いてから水を与えるようにします。水のやり過ぎは根が腐ってしまう原因にもなり、水切れで乾かしてしまうよりも怖いです。

肥沃な場所よりやせ地でよく育ちます。春~秋の生育期、たまに液体肥料を与える程度でかまいません。真夏の最も暑い時期はいったん肥料をストップします。肥料は与えすぎると、茎葉がよく茂りますが花は極端に少なくなります。特に窒素分の肥料が多いとそうなりやすいので気をつけましょう。

用土・植え替え
土は特に選びません。また、地植えにしているものは特に植え替えの必要はありません。鉢植えで、鉢内が根でいっぱいになってしまった場合は一回り大きな鉢に植え替えます。適期は3月の中下旬頃です。

病気、害虫
特にありません。

ふやし方・楽しみ方
さし木でふやすことができます。適期は4~5月です。茎を適当な長さに切って土に挿しておくと根を出して育っていきます。

地面を這うように広がるので、グラウンドカバーに適します。また、斑入り種のバリエガタは涼しげで明るい雰囲気があるので寄せ植えの他、吊り鉢にして茎葉がしだれる様子を楽しんでも良いでしょう。

関連するページ
あからはじまる植物
ツルナ科の植物
夏の暑さにめげない植物
マツバギクとは>マツバギクの育て方