ヤサシイエンゲイ

すっきりしたブルーの花

エボルブルス(アメリカンブルー)

キョウチクトウ
※画像提供:Aska
科名:ヒルガオ科
学名:Evolvulus
別名:アメリカンブルー
原産地:北・南アメリカ 東南アジア
草丈:20cm~50cm(横に這う)
主な開花期:6月-11月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、E.はEvolvulusの略

エボルブルス(アメリカンブルー)とは

約100種類が北・南アメリカ、東南アジアに分布する植物です。花後に枯れる一年草、毎年開花する多年草、低木の物があります。大半はアメリカ原産で、東南アジアには2種のみ知られています。

日本で一番多く栽培されているのは「アメリカンブルー」の名前で親しまれているエボルブルス・ピロサスです。北アメリカ原産の本種は1980年代に日本に入ってきたといわれています。

1990年代に鉢花として広く普及しました。かわいらしい青い花、花期が長く育てやすいことなどが比較的早く普及する要因になったのかもしれません。花の大きさは1~2cm、茎は長く伸びますが直立せずに横に這うように伸びていきます。 鉢植えの他、寄せ植えや花壇の前景、吊り鉢などでも楽しめます。

種類

以下の3種がアメリカンブルーの名前で流通していると思われます。本なども学名表記が混同しておりあいまいです。
エボルブルス・ピロサス〔E. pilosus〕
北アメリカ原産、日本で一番多く栽培されている種で、葉や茎に白い滑らかな白毛があるのが特徴です。

エボルブルス・ピロサス ’ブルー・デイス'〔E. pilosus 'Blue Daze'〕
ヨーロッパで改良されたピロサスの園芸品種で、見た目の違いはあまりわかりません

エボルブルス・グロメラツス〔E. glomeratus〕
ブラジル原産の品種。ピロサスほどではないですが、日本でも流通しています

関連するページ
エボルブルス(アメリカンブルー)の育て方
ヒルガオ科