ヤサシイエンゲイ

白い縁取りが入る涼しげな葉

ハツユキソウ

ハツユキソウ
科名:トウダイグサ科
学名:Euphorbia marginata
原産地:北アメリカ
草丈:60cm-1m
開花期(鑑賞期):7月~10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名、E.はEuphorbiaの略

ハツユキソウとは

北アメリカ原産の一年草です。クリスマスの頃になると鉢花で出回る真っ赤な葉っぱのポインセチア〔E. pulcherrima〕 と同じ、ユーフォルビア属の植物です。茎はまっすぐ直立して伸び、上の方で枝分かれします。草丈は1m前後に生長します。茎の頂点あたりに付く葉っぱの縁が、真っ白に彩られるのが特長です。種小名のマルギナタは「縁辺のある」の意で、この葉姿に由来します。

夏になると、色づいた葉っぱの中に埋もれるような感じで黄緑色の花を咲かせますが、小さくてあまり目立ちません。白い葉っぱが夏に涼しげ、というところがポイントで、花壇や切り花で楽しみます。花壇などにたくさん植えて元気に育った場合、見頃の時期になると、まさに雪が積もったような見事さです。

春にタネをまいて、夏~秋に鑑賞します。寒さには弱く、冬前には枯れます。タネは園芸品種の「氷河」が広く出回ります。

同じように栽培される同属の植物にショウジョウソウ〔E. heterophylla〕があります。名前の似ているハツユキカズラ〔Trachelospermum asiaticum ‘Hatuyukikazura’ 〕はキョウチクトウ科のつる性植物で、全く別の植物です。

関連するページ
ハツユキソウの育て方
トウダイグサ科