ヤサシイエンゲイ

ランの中でも最も多くの種類がある

バルボフィラム

バルボフィラム・ロビィ
バルボフィラム・ロビィ
科名:ラン科
学名:Bulbophyllum
原産地:世界の熱帯・亜熱帯
草丈:種によってまちまち
開花期:種によって異なる
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

バルボフィラムとは

東南アジアを中心として、世界の熱帯・亜熱帯に広く分布するランの仲間です。日本にもムギラン〔Bulb. inconspicuum〕をはじめ数種類が自生しています。ランの中でも大所帯で、1000種以上の野生種が知られています。名前はギリシア語のボルボス(bolbos:球茎)とフィロン(phyllon:茎)の合成語で、草姿に由来します。

花の姿や大きさなど、種によってその形は大きく異なります。草姿は地際にバルブと呼ばれる球根のようなものがあり、その先端に厚みのある葉っぱを1枚付けるのが基本です。これがいくつもつながって1つの株になっています。

花の咲く時期も種によりまちまちです。花姿は一般的に美しいと言うより、おもしろいものが多いです。広く受け入れられるかというと、やや難しい感じもします。しかし、それこそがバルボフィラムの魅力と言えるかもしれません。比較的よく栽培されていて、花もきれいなものにバルボフィラム・ロビィ〔Bulb. lobbii〕があります。ラベルに書く際の略号は「bulb.」です。

近い仲間(属)にキロベタルム〔Cirrhopetalum:略号Cirr.〕があり、分類によってはバルボフィラムに入れられることもあります。

グランディフロラム
グランディフロラム
ディアレイ
ディアレイ
エリザベス・アン
エリザベス・アン
'ハックル・ベリー'
グラウェオレンス
グラウェオレンス
関連するページ
バルボフィラムの育て方
ランの仲間