ヤサシイエンゲイ

トゲが目立つ多肉植物

パキポディウム

パキポディウム
科名:キョウチクトウ科
学名:Pachypodium
原産地:アフリカ マダガスカル
草丈:1m-8m
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、P.はPachypodiumの略

パキポディウムとは

ホロンベンセの花
ホロンベンセの花
南アフリカやナミビア、アンゴラ、マダガスカルなどに分布する多肉植物です。ずんぐり肥った幹を見ると木のように見えますが、内部はスポンジ状になっており、年輪はできません。また、表面にとげとげがありますが、サボテンの仲間でもありません。

茎が肥大するのは内部に水分を貯蔵するためで、いわば貯水タンクの役割を果たします。地上部の茎がこん棒のように肥大する種もあれば、肥大した茎が地中に埋まってしまっている種もあります。他の草花には見られない、異様な姿がこの植物の魅力です。葉っぱの形は細長いものやタマゴ型など様々ですが、短命で早く落葉するものも多いです。ユニークな草姿とはまた違った、きれいな花を咲かせます。花色は、白やピンク、黄色などです。

名前はギリシア語のパキス(pachys:太い)とポドス(podos:足)が語源で、肥大する茎の姿に由来します。

仲間 

比較的よく知られている種に以下のようなものがあります。

ラメリー〔P.lamerei〕
マダガスカル原産の種で白い花を付けますが、大きくならないと咲かない。自生地では高さ数mにもなります。

ジェエイ〔P.geayi〕
「亜阿相界(ああそうかい)」の園芸名で一部に有名な種です。マダガスカル原産の種で大きさは8mにもなる。アジア(細亜)とアフリカ(弗利加)の植生の境という意味。別にふざけて付けられた名前ではない、と思います。

ホロンベンセ〔P.horombense〕
茎全体が銀白色で年月を経るとよく枝分かれします。

ブレウィカウレ〔P. brevicaule〕
肥大した茎の姿は、地面から掘りあげられたショウガの根茎のような形です。比較的よく栽培されており、「恵比寿笑い」の園芸名で知られています。

関連するページ
パキポディウム育て方
キョウチクトウ科