ヤサシイエンゲイ

くびれた形の葉っぱ

パンドラ(センニンカズラ)

パンドラ
科名:サトイモ科
学名:Philodendron panduriforme
別名:センニンカズラ
原産地:南アメリカ
草丈:つるが長く伸びる
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

パンドラ(センニンカズラ)とは

観葉植物として親しまれているフィロデンドロンの一種です。南アメリカ原産のつる性植物で、つるは長く伸びて茎の途中から「気根」と呼ばれる根を出して他のものに付着して生長していきます。葉は光沢のある鮮やかな緑色できゅっとくびれたような形をしているのが特徴的です。

パンドラという名前は学名(種小名)のパンドゥリフォルメから来ているのではないかと思います。パンドゥリフォルメはラテン語で「バイオリン型の」という意味で、葉っぱの形に由来します。和名のセンニンカズラは葉の形が仙人の顔のように見えるところから付けられたそうです。カズラはつる植物のことです。

育て方は「フィロデンドロンの育て方」のページを参考にしてください。性質の特徴として、

1.非常に日陰に強く室内の薄暗い場所でも間延びせずによく育つ
2.少し茎・葉が弱くあまり乱暴に扱うと折れたり葉に傷がつきやすい
3.総じて非常に性質は強い

などが挙げられます。

関連するページ
サトイモ科
観葉植物