ヤサシイエンゲイ

 

葉にカラフルな斑点が散る

ヒポエステス

ヒポエステス
科名:キツネノマゴ科
学名:Hypoestes phyllostachya
別名:ソバカスソウ
原産地:マダガスカル
草丈:10cm-1m
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

ヒポエステスとは

毎年育つ多年草で、生長すると高さ1mほどの低木状になります。葉の表面全体に細かい斑点が入るところから、ソバカスソウの別名があります。英名のfreckle face(そばかす顔)やbaby's tear(赤ちゃんの涙)なども葉の斑点に由来します。

主に葉を観賞する植物で、夏花壇や寄せ植え、鉢植えにして楽しみます。葉の形は先端の尖ったタマゴ型で、若葉は明るい黄緑色でその後、濃緑色になります。一番の特長である斑点は白やピンク、赤などカラフルです。園芸品種には斑点が濃くて密に入るものや、葉が小さくて可愛らしいものがあり、全体的にバラエティーは富んでいます。

茎の上の方から花茎を伸ばして桃紫色の小さな花を咲かせますが、葉の派手さに比べるとやや劣る感じは否めません。園芸品種も葉の改良がメインとなっています。

寒さにはやや弱いので、冬はベランダや室内で栽培します。

関連するページ
ヒポエステスの育て方
キツネノマゴ科
観葉植物