ヤサシイエンゲイ

線の細い草姿

イキシア

イキシア
科名:アヤメ科
学名:Ixia
別名:ヤリズイセン コーン・リリー
原産地:南アフリカ
草丈:30cm~60cm
主な開花期:4月-5月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、I.はIxiaの略

イキシアとは

南アフリカ原産の球根植物で、およそ30種が知られています。アルファベット表記「Ixia」の読み方違いで、イクシア、イクシャとも言います。自生地ではトウモロコシ畑によく生えるそうで、コーン・リリーの英名があります。ヤリズイセンの和名もありますが、園芸ではたいがいイキシアの名前で通っており、和名が使われる機会はあまりないです。秋に球根を植え付けると春に花を咲かせます。

球根は径1cm~2cmで少し扁平な球形で、表皮は繊維状の網目のようになっており、見た感じクロッカスやグラジオラスに似ています。地際からレイピアのような細長い剣状の葉を伸ばし、4月頃に針金のような細い花茎をだしてカップやじょうご状の花を穂状に付けます。草丈が高くなる割に横には広がらないので、草姿は全体的にほっそりしています。花色は白、赤、ピンク、紫、ひすい色などがあります。イキシアはギリシア語のイクオス(とりもち)もしくはイキシア(著名な植物)に由来すると言われています。

種類

よく出回っているのはヴィリディフロラ〔I. viridiflora〕やマクラータ〔I. maculata〕を中心に色々な種をかけ合わせた園芸品種です。

ヴィリディフロラは花の中心部分が黒に近い紫、花びらがひすい色になる美しくも不思議な雰囲気をもつ種です。あまり類を見ない花色で一度見ると非常に印象に残ります。ヴィリディフロラとは「緑色の花」という意味です。

マクラータの花はオレンジで中心に赤褐色の目が入ります。園芸品種は品種名の付いていない、花色ミックスのものがよく出回ります。

その他には以下のような種が比較的知られています。

カンパヌラタ〔I. campanulata〕深紅色の花を咲かせます。

パニクラータ〔I. paniculata〕 湿り気のある場所を好みます。花色は淡いクリーム色です。

関連するページ
イキシアの育て方
アヤメ科
球根植物