ヤサシイエンゲイ

初夏に咲く球根植物

インカルビレア

インカルビレア
科名:ノウゼンカズラ科
学名:Incarvillea
原産地:中央・東アジア ヒマラヤ
草丈:30cm~60cm
開花期:4月-6月

難易度バー バー バー バー バー (ふつう)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (ややよわい)

インカルビレアとは

インカルビレアの球根
球根

インカルビレアは中央アジアやヒマラヤなどに14種が分布する植物で『毎年咲くタイプ』と『一年で枯れてしまう』タイプがあります。直根性(ちょくこんせい:ダイコンやゴボウのように地中にまっすぐ太い根を出す性質)で、球根のイメージが強い植物です。草姿は『茎が長く伸びて葉を付ける』ものと『地際から葉がたくさん出て茎を伸ばさない』ものがあります。

日本で主に栽培されているのは、『毎年咲くタイプ』で『地際から葉をたくさん出して茎を伸ばさない』、インカルビレア・ドラベイ〔I. delavayi〕※とその園芸品種で、この種(しゅ)を指してインカルビレアと呼ぶことが多いです。鳥の羽のような切れ込みの入った葉を地際から何本も伸ばし、その葉の長さは30cmほどにも生長します。むずかしい言葉でこの葉の形と生え方を「根生羽状複葉(こんせいうじょうふくよう)」といいます。そして、初夏になると葉の間から花茎を長く伸ばしてその先端に直径5cmほどのラッパ形の花を数輪ずつ咲かせます。花色はピンク色が基本種ですが、白い花を咲かせるものや鮮やかな花色の園芸品種’ビーズピンク’があります。

地中に朝鮮ニンジンのような太い根をつくり、冬はその状態で休眠しており貯蔵が利くので、球根として根の状態でもよく流通します。また、春に鉢花として、秋には苗の形でも出回ります。

また、それ以外にも淡いピンク色の花を咲かせるインカルビレア・アルグタなどが知られています。アルグタは小輪で草姿もどちらかというとかわいらしい感じでドラベイとは異なる雰囲気をもっています。

※インカルビレアの中でも園芸的によく栽培されている種です。19世紀末にフランス人宣教師のアベ・ドウラベイによって中国雲南省の高原で発見され、彼の名前にちなんで「ドラベイ」という種小名が付けられました。

育て方

※ここではもっともポピュラーなインカルビレア・ドラベイについて説明いたします
栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー バー            
植え付け
    バー                  
肥料
    バー バー バー バー     バー バー    

手入れ

花茎が少し軟らかく、屋外や庭植えでは開花時期に強い風や雨に当たると花茎が倒れてしまうことがありますので、花茎が長く伸びてきた頃に細めの支柱を曲げたりして茎を引っかける程度の簡単な支柱を立てます。

花びらがやや厚めで水分が多く、枯れたままほおっておくとかびが生えることがあります(特に水がかかると発生しやすいです)。咲き終わった花はそのままにしておかず摘み取るようにします。

日当たり・置き場所
春~秋の生育期はよく日の当たるところで育てます。ただし、真夏の直射日光は暑すぎるのでできれば明るい日陰で育てます。あまり暑さが厳しいと夏に枯れてしまうことがありますので気をつけましょう。

寒さには強いので特に防寒を行う必要はありませんが、土壌の凍結や霜が心配される場合は鉢植えで軒下などに移動させます。

水やり・肥料
高温時の多湿を苦手とするので、過度の水やりは避け、水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。冬の間は休眠しているので水やりは控えめに、乾燥気味に保ちます。

生育期、春に芽が出る頃から花が咲き終わる頃まで液体肥料を2週間に1回程度与えます。冬に休眠に入る前9月~10月にかけても同様に与えます。真夏は暑さで植物が弱っており肥料は逆効果になるので与えません。また、冬は休眠しているので肥料を与える必要はありません。

かかりやすい病気・害虫
特に見られません

植え付け・用土
球根の植え付け植え替えや球根の植え付けは3月頃が適期です。鉢植えの場合、1~2年育てて株が大きくなりきゅうくつになってきたら一回り大きな鉢に植え替えます。

球根の先端近くから直接、葉(芽)を出すのであまり深植えせず、球根の先端が土に隠れるか隠れないかくらいの浅植えにします。

ふやし方
親株の基部から子株が発生するので、根を付けたまま親株から切り離して植え付けます。適期は3月です。タネからもふやせますが、種によっては開花までに2年ほどかかるものもあります。

ポイント
性質は丈夫で寒さにはつよく、秋以降に購入した苗や球根ならさほど苦労はかからず開花までもっていけますが、高温多湿に弱くて花をひととおり楽しんだ後-夏-に暑さで枯らしてしまうケースがあります。毎年楽しみたい場合は夏にできるだけ涼しい環境で栽培するのがポイントです。

関連するページ
イからはじまる植物
ノウゼンカズラ科
球根植物