ヤサシイエンゲイ

俗っぽい名前

カネノナルキ(カゲツ):クラッスラ

カネノナルキ
科名:ベンケイソウ科
学名:Crassula ovata(= C. portulacea)
別名:花月 フチベニベンケイ
原産地:南アフリカ
草丈:30cm~3m
主な開花期:12月-3月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、C.はCrassulaの略

カネノナルキ(カゲツ)とは

南アフリカ
南アフリカ

南アフリカの西ケープ州南部~クワズール・ナタール州にかけて分布します。日本には昭和元年に入ってきたとされます。和名に「フチベニベンケイ」園芸名に「花月(かげつ)」などの呼び名がありますが、もっぱら「カネノナルキ(金の成る木)」という俗っぽい流通名で広く知られます。ちなみに木ではなく多年草で、園芸では多肉植物として扱うことが多いです。

多肉植物の中ではクラッスラというグループ(属)に入れられています。さらに詳しくいうと、春から秋に生長して冬は休眠するので「夏(生長)型クラッスラ」と呼びます。

葉は丸っこいヘラ形で長さ3cm~4cm、表面にはワックスを掛けたようなツヤがあり、フチは紅色になります。葉は低温にあうと紅葉して全体がワインレッドになります。草丈は大きくなると3mにもなります。大きく育って太い茎をもつ大株は確かに立派な木のようにも見えます。

大きくなった株
大きくなった株
花の咲いた株
花の咲いた株
主に葉の形や株姿を楽しみますが、花も非常に可愛らしです。花は小さな星形で、茎の頂点にまとめて咲きます。株が小さいうちはなかなか咲きませんが、例外として小さいうちから花を咲かせる早咲きの改良品種があります。花色は花びらの先にがほんのりピンクに染まった白花や淡いピンクです。

名前の由来

名前の由来は葉が丸っこく分厚い形でお金のように見えるからとか、 新芽に5円玉の穴を通して鉢植えとして売られているからだとか、人によって言うことが違いよく判りません。英語名のdollar plantをそのまま訳しただけかも知れません。

仲間

葉っぱのバラエティーに富んでおり、園芸品種に葉っぱが小さなヒメカゲツ(姫花月)、明るい葉色のオウゴンカゲツ(黄金花月)やヒメオウゴンカゲツ(姫黄金花月)、クリーム色やピンクの模様が入るカラフルなラクジツノカリ(落日の雁)などがあります。また、変わったモノに葉が短いこん棒状に変化したウチュウノキ(宇宙の木:ゴーラムとも)があります。

関連するページ
カネノナルキ(カゲツ)の育て方
ベンケイソウ科
多肉植物