ヤサシイエンゲイ

黄色い花が滝のように咲く

カロライナジャスミン

カロライナジャスミン
科名:マチン科
学名:Gelsemium sempervirens
別名:ゲルセミウム
原産地:北アメリカ南部
つる長:3m-6m
開花期:4月~7月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

カロライナジャスミンとは

北アメリカ南部~中央アメリカに分布するつる性の常緑樹です。名前はそのまんまカロライナに自生するジャスミンという意味ですが、お茶などに利用されるジャスミンとは全く別の植物です。花に香りがあるところからジャスミンを連想したのでしょう。属名のGelsemiumはイタリア語でジャスミンを意味するgelsominoに由来します。

つるは生育旺盛で、さほど太くはならないですが長さは1年に2~3m伸びます。冬でも葉が落ちず、よく茂る性質から、壁面やフェンスの緑化によく利用されています。鉢植えの場合、支柱を立てて栽培します。

花
春中頃から初夏にかけて、ラッパ型をした1cmほどの黄色い小花を咲かせます。花付きが非常に良く、満開時期は株が黄色く染まるくらいたくさんの花が付きます。葉は光沢のある濃い緑色でやや肉厚、秋から冬にかけて低温に合うと黄色~赤みがかった色に紅葉します。

茎・根・葉・花などすべての部分が有毒です。花をジャスミンと間違えハーブティーにして中毒を起こした事例などが知られています。ジャスミンという名前に惑わされないように気をつけましょう。

関連するページ
カロライナジャスミンの育て方
マチン科
つる性植物