ヤサシイエンゲイ

特に鋭いトゲをもつかんきつ類

カラタチ

カラタチ
科名:ミカン科
学名:Poncirus trifoliata
別名:キコク 枸橘・枳殻《漢字表記》
原産地:中国
草丈:2m-3m
主な開花期:4月-5月
果実が色づく時期:10月-11月

難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)

くわしい育て方

カラタチとは

中国原産で冬に葉を落とす高さ2~3mの低木です。枝は濃緑色で角張っており、葉っぱはだ円形の小葉が3枚集まりひとつの葉を形成する三出複葉(さんしゅつふくよう:ミツバの葉のような感じ)です。葉の付け根には長さ5cm前後の扁平で鋭いトゲが生えています。4月~5月、葉が出る直前~同時くらいに5枚の花びらをもった白花をトゲの付け根に1輪ずつ咲かせます。

花後はゴルフボールより一回り小さいくらいの果実ができ10月~11月になると熟して黄色くなり、爽やかな香りを放ちます。果実の表面には細かい毛が密生し、ベルベットのようなやさしい手触りが特徴的です。

由来

中国から渡来した橘(たちばな)「カラタチバナ(唐橘)」を略して「カラタチ」になったと言われています。漢字では「枸橘」もしくは「枳殻」と書いて「カラタチ」と読みます。「枳殻」はキコクとも読みます。関係ないのですが、京都東本願寺の渉成園(しょうせいえん:庭園)はかつてカラタチの生垣が周囲に植えられていたそうで、それにちなんで枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれます。

種類・利用

樹高が低くて葉が小さく、枝やトゲがねじれ曲がる「ヒリュウ(飛竜)」、鉢植えに適した「一才カラタチ」などの種があります。また、細胞融合により作られたオレタチ(オレンジ×カラタチ)などの雑種が知られています。

鋭いトゲがあり、刈り込んである程度形を自由に仕立てられるので古くから侵入阻止や防犯目的の生垣として利用されてきました。強健で扱いやすいのでキンカンやミカンを接ぎ木する際の台木にされることも多いです。接ぎ木には、通常より短い年数で実を付ける木になる、などのメリットがあります。果実は生食には適しませんが果実酒にしたり、未熟な果実を乾燥させたものは生薬として利用されます。

他の画像

トゲと枝
トゲと枝
生垣
生垣
 
関連するページ
カラタチの育て方
庭木・花木・果樹
ミカン科の植物