ヤサシイエンゲイ

ケイトウの育て方

ケイトウヒユ科 学名:Celosia cristata用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ややよわい)

日本では春にタネをまいて夏から秋に花を楽しむ、春まき一年草として扱います。暑さに強く、真夏でも弱らずぐんぐん生長します。花壇の他、切り花、鉢植えにも利用されます

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
            バー バー バー バー    
タネまき
      バー バー バー            
肥料
      バー バー バー          

季節・日常の手入れ
夏の間に一通り花が咲いたあと、やや短めに丈を切り詰めるとワキから芽が伸びてきて秋にも花を咲かせます。

日当たり・置き場所 
日照不足になると花色が冴えません。真夏の暑さにも十分耐えるので、たっぷりと日の当たる場所でそだてましょう。

水やり・肥料
生育旺盛で花も開花する夏に水切れさせてしまうと、成長が著しく衰えるので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。以降は花が咲き出す頃に少量の肥料をやる程度で十分です。肥料-特に窒素成分の多いもの-を多く与えると、茎は太くなり葉もよく茂りますが、花が十分咲かなかったり花姿が乱れるので気をつけましょう。

用土
鉢やコンテナでは赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。特に土質は選びませんが、地植えは水はけの良い場所に植え付けます。水はけの悪いじめじめ湿った場所では、根腐れを起こして枯れやすいです。

植え替え・植え付け ポイント
一年草で花後には枯れるので、植え替える必要はありません。

苗の植え付けは本葉が4~5枚の小苗のうちに行います。ケイトウは大きくなってから根をいじるような作業(植え付け・移植)を行っても、根付きにくい性質があるからです。矮性種(草丈の低い品種)で15cm、高性種(大きくなる品種)は20cm~30cm間隔で植え付けます。適期は5月~6月です。

ふやし方  ポイント
タネをまいてふやします。タネは春にまくのが基本ですが、発芽温度が25度前後と高温なので早まきは厳禁です。まきどきは関西平地で4月下旬~6月上旬です。平鉢などにまとめてまいて、最初の本葉が出てくる頃に1本ずつビニールポットに植えて、本葉4~5枚頃に土を崩さないように植え付ます。手間なら花壇やコンテナに直接まいて間引きながら育ててもよいでしょう。

かかりやすい病害虫
病気 立ち枯れ病 害虫 アブラムシ ヨトウムシ

アブラムシが付くことがあるので、見つけ次第薬剤を散布して駆除します。ヨトウムシは夜行性で、茎葉を食い荒らす害虫です。昼間は土の中に潜んでおり、株元の地面を軽く掘ると出てくることがあります。

また、水はけの悪い土壌だと茎葉がしおれて枯れてしまう立ち枯れ病にかかったり、根が腐って株がだめになることがあります。

まとめ 
発芽温度が高いので、早まきは禁物
植え付けは苗が小さいうちに行う
夏は乾燥に気をつける

関連するページ
ケイトウとは
ヒユ科