ヤサシイエンゲイ

ランタナの育て方

ランタナクマツヅラ科 学名:Lantana 用途 地植え 鉢植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ややよわい:霜に注意)

気温が高ければ季節を選ばずに咲きますが、日本の一般的な気候下では初夏~秋まで咲き続けることが多いです。鉢植えの他、地植えで育てることもできます。小さな花が小さなボール状にまとまって咲きます

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー バー バー バー    
植え付け         バー バー バー バー バー      
肥料
      バー バー バー バー バー バー    

季節・日常の手入れ

株が大きく広がりすぎたり冬に落葉して見苦しくなったら、全体の枝を短く切り戻します。伸びすぎた枝も適宜短く切り戻します。丈夫で芽を出す力も強いので、多少切りすぎても問題ありません。枝にチクチクする刺が生えていることがあるので、扱う際は気をつけましょう。

日当たり・置き場所 
日当たりの良い場所でよく育ちます。逆にに日当たりが悪いと花つきが悪くなります。暑さには非常に強いですが、寒さには少し弱いので冬は寒風や霜の避けます。

水やり・肥料 
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。水切れになると葉がすぐにしおれたようになりますが、ある程度乾燥にも耐えます。冬は寒さで生長しないので乾かし気味でかまいません。水を吸わないのに水をやり過ぎると過湿になって根が傷みます。地植えは一端根付いてしまうと、取り立てて水をやらなくても育ちます。

長期間花が咲き続けるので春と秋にゆっくり効く緩効性の化成肥料を少量株元に施します。肥料はその程度でじゅうぶんです。

用土
水はけがよければ、土質は特に選ばずに育ちます。鉢植えは市販の草花用培養土などで十分です。

植え替え・植え付け
生育が旺盛なので、鉢植えは毎年植え替えた方がよいです。生育期なら特に選ばずに作業できます。鉢から抜いた株は土を半分くらいに落として植え替えます。根が鉢のかたちにびっしり回っているようでしたら、一回り大きい鉢に植え替えます。

ふやし方
さし木でふやせます。適期は真夏をのぞく5月~9月です。新しく伸びた枝を15cmほど切り、川砂にさして乾かさないように管理すると、1ヶ月くらいで根がでてきます。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
日当たりの良い場所を好みます
枝は伸びすぎたら適宜切り戻します
肥料はさほど要りません

関連するページ
ランタナとは
クマツヅラ科