ヤサシイエンゲイ

原色な花色の熱帯樹木

サンタンカ(イクソラ)

サンタンカ
イクソラ・シネンシス(サンタンカ)
科名:アカネ科
学名:Ixora
別名:イクソラ サンダンカ《三段花》
原産地:熱帯各地
草丈:30cm~1m
栽培難易度:バー バー バー バー バー(ふつう)

くわしい育て方

サンタンカ(イクソラ)とは

アカネ科イクソラ属は熱帯各地に400種以上が分布する丈の低い樹木です。サンタンカと言うと中国南部~マレー半島に分布する’イクソラ・シネンシス’の和名ですが、最近では近縁種も鉢花として流通しており(後述)、それらも含めて「サンタンカの仲間」とくくった方がわかりやすいかもしれません。

サンタンカの葉は先のとがっただ円形で厚みがあり、光沢のある濃緑色です。花は赤色で直径2~3cmで数十輪がまとまって半円状に咲きます。

やや花びらがとがり、緋色の花が美しいイクソラ・コクシネアや濃い橙赤色のイクソラ・ジャワニカ、芳香のある白花を咲かせるイクソラ・パウティフロラ、花がやや大きめのイクソラ・ダッフィーなども「サンタンカの仲間」として知られています。また、それらを掛け合わせてつくられた園芸品種も多く存在します。熱帯地域では一定の気温があれば一年を通して開花している種もあります。

由来・来歴

サンタンカが日本にやってきたのは江戸時代中期で、当初は三段花(さんだんか)と呼ばれていました。大陸から琉球経由での渡来と言われます。ちなみに沖縄では露地でふつうに見られる花木で、オオゴチョウ、デイゴと並び沖縄三大名花のひとつに数えられています。

属名のイクソラはヒンズー教の神様、シヴァを意味するサンスクリット語の言葉をポルトガル語に訳したものと言われています。

他の画像

コクシネア
コクシネア
バンコク・ビューティー
バンコクビューティー
ドワーフ・ピンク
ドワーフピンク
サザンオレンジスター
サザンオレンジスター
関連するページ
サンタンカ(イクソラ)の育て方
アカネ科の植物
鉢植え向きの植物