ヤサシイエンゲイ

シネラリア(サイネリア)の育て方

シネラリアキク科 学名:Pericallis ×hybrida 用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ふつう)

草丈は20cm~70cm、花は小輪種で2cm、大輪種は8cmを超します。花色は黄色以外は一通りはそろっておりカラフルです(黄色も淡色ならあります)。単色だけでなく、蛇の目模様になるものもポピュラーです

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
バー バー バー バー                
タネまき
                バー      
肥料
バー バー バー バー         バー バー バー バー

季節・日常の手入れ
花が次々と咲くので、枯れてきた花はこまめに摘み取って、次の花を咲きやすくしましょう。一通り花が咲き終わったあとに花茎を根元から切り、肥料を与えて育てるともう一度花が咲きます。

日当たり・置き場所  ポイント 
日当たりのよい場所で育てましょう。タネから育てたり苗を購入した場合は11月いっぱいまでベランダなど戸外の日当たりで栽培します。寒さにはある程度耐えるので、12月以降も霜や寒風の当たらない軒下やベランダで栽培できます。夜間に冷えるようならその時だけ室内に取り込みましょう。

冬に暖かすぎるのも逆効果で、花茎が間延びしてバランスが悪くなることがあります。5℃前後の低温下で育てると、寸の詰まったバランスのよい草姿になります。品種によっては0℃程度まで枯れずに耐えるものもあります。寒冷地では12月以降は室内の日当たりの良い場所で栽培します。

開花株を購入したら
花の咲いている鉢植えを購入した場合、ほとんどのものが温室で栽培されているものなので寒さに対する抵抗力が弱く、外においておくと株が傷みます。室内の日当たりの良い場所で管理しましょう。ただし、暖房の効いた部屋では、土が乾燥しやすい上に花の寿命も短くなってしまうので、避けましょう。

水やり・肥料 ポイント
水をよく吸って、水切れをおこしやすい植物です。特に開花中の株は水をよく吸います。土の表面を触ってみて半乾きになった状態なら、たっぷりと水を与えます。花に水をかけると傷んでしまうので、株元に静かに水を与えるようにします。

肥料を絶えず必要とします。土にあらかじめゆっくりと効くタイプの肥料を少量混ぜ込みます。追肥は10日に1回液体肥料を与えます。生育中に肥料を切らすと花つきが悪くなり、花の大きさも小さくなります。開花中に肥料が切れると、せっかくたくさん付いたつぼみが開かずに枯れてしまうこともあります。窒素過多になると葉ばかり大きくなって、開花が遅れるので注意しましょう。

用土
有機質に富んだ水もちの良い土を好みます。赤玉土(小~中粒)5:ピートモス3:バーミキュライト2の割合で混ぜた土を使用します。

植え替え・植え付け
たいがい夏前に枯れるので、植え替えの必要はありません。ただし、鉢花を購入した場合、すでに根づまりをおこしているものが多いので、鉢の底から根が伸びてきている状態になっていたら鉢から抜いて、そのまま一回り大きな鉢に入れてすき間を新しい用土で埋めましょう。

ふやし方
タネまきとさし芽でふやすことができます

タネまきは9月に行います。箱や鉢にばらまきして発芽するまで乾かさないように管理します。その後芽が出て、本葉が4枚以上になったらビニールポットにひとつずつ植え替えて大きくなったら鉢やプランターに植え付けます。タネから育てると花が咲くのは遅くなりますが耐寒性のあるしっかりした株に育てられます。

さし芽の適期は5月頃です。花茎をばっさりと切り落としたあとに、株元から出てきた芽を手でかき取って湿らせた赤玉土に挿しておくと根がでてきます。大きくなっていくにつれて一回りずつ大きな鉢に植え替えて育てていきます。その際肥料も欠かさず与えます。この方法だと夏越しをさせなければいけませんので、タネから育てるよりも多少管理は難しくなります。夏はできるだけ風通しの良い半日陰の場所で管理しましょう。

かかりやすい病害虫
病気 ウドンコ病 害虫 アブラムシ

ウドンコ病は葉にカビの胞子が付き、小麦粉をはたいたように白くなる病気です。被害のひどい葉は取り除き、殺菌剤を散布します。カビの胞子は葉から栄養を奪うので、ほおっておくと生育不良を起こします。 

アブラムシが非常につきやすく、うっかりすると葉や茎にびっしりとつきます。春先に薬剤を散布して発生を予防します。

まとめ 
冬に市販されている鉢植えは温室育ちで寒さに弱い
開花中は肥料を切らさない
水をよく吸うので水切れさせないように注意

関連するページ
シネラリア(サイネリア)とは
キク科