ヤサシイエンゲイ

湿地に育つ白い星

シラサギカヤツリ(リンコスポラ・コロラタ)

シラサギカヤツリ
科名:カヤツリグサ科
学名:Rhynchospora colorata
(=Dichromena colorata)
別名:シューティングスター
シラサギノマイ
原産地:北アメリカ
草丈:30cm-60cm
開花期:5月-10月

難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (ふつう)

シラサギカヤツリ(リンコスポラ・コロラタ)とは

花
花と総苞

湿地に育つ水生植物で、春から秋にかけて花茎の先端に星のような形をした花を咲かせます。花のように見える白く色づいた細長い部分は総苞(そうほう)と呼ばれ、厳密には花びらではなく萼(がく)のようなものです。星のような形の花を咲かせると言うより、総苞が白く色づいて花のように見えると言った方が正しいかも知れません。花の本体は放射状に広がる総苞の中心部分にありますが、あまり目立ちません。

地中の地下茎が横に伸びて、そこから地上に向かって葉を伸ばして増えていきます。

すらっと長く伸びた茎と白い花が非常に涼しげで湿地を好むところから水を張ったウォーターガーデンなどで利用できます。北アメリカ原産の植物ですが、なんとなく「和」を感じさせる姿で苔玉にしても似合います。

育て方

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー バー バー バー    
植え替え
    バー            
肥料
    バー バー バー バー バー バー バー

日当たり・置き場所
日当たりのよい場所を好みます。

冬になると地上部は枯れて、地下茎が残り休眠状態で冬を越します。凍結させなければ枯れることはないので、平地や暖地では戸外でそのまま越冬できます。寒冷地では鉢植えにして室内に取り込みます。温室のように一定の温度をキープできる場所では地上部は枯れず、しかも一年を通して花を楽しむことができます。

水やり・肥料
湿地のような常に土の湿っている環境を好む植物で水切れに弱い性質があり、水やりはシラサギカヤツリを育てる上でのポイントとなります。株元を水中に沈めて育てると水切れの心配もなく管理しやすいですが、普通の鉢植えでも問題なく育ちます。ただしその場合は水もちのよい用土を使い、土の表面が乾く前にしっかりと水を与えて常に土を湿らせておきましょう。

かかりやすい病気・害虫
特にありません。

植え付け・用土
田んぼの土のように水もちのよい土が適しています。あまり軽い土は適しません。

ふやし方
4月上旬に植え替えを兼ねて株分けでふやすことができます。

ポイント
・水を切らさないように注意
・日当たりを好む
・株分けでふやす

関連するページ
カヤツリグサ科