ヤサシイエンゲイ

下草としてポピュラー

ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)

ジャノヒゲ
科名:ユリ(キジカクシ)科
学名:Ophiopogon japonicus
別名:リュウノヒゲ
原産地:日本 中国 朝鮮半島
草丈:10cm-30cm
開花期:7月-8月

難易度バー バー バー バー バー (やさしい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (つよい)

ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)とは

日本、中国、朝鮮半島などに自生し、冬でも葉が枯れない常緑性で毎年育つ多年草です。暗緑色の細長い葉を地際からたくさん出します。花は7月~8月に開花し、冬に光沢のある美しいブルー色の実を付けます。実の皮を剥ぎ取ると白い小さな玉があらわれます。それを固い床にたたきつけるとスーパーボールのように数メートル跳ね上がる様子がおもしろく、昔は子供のおもちゃになっていました。根はところどころに紡錘形のふくらみができることがあります。

用途・由来

日陰でもよく育ち、強健で育てやすいので古くから庭の樹木の下などに植える下草として利用されてきました。現在でも需要は高く、花壇の縁取りやグラウンドカバーにも用いられます。漢方では根を乾燥させたものを『麦門冬-ばくもんとう-』と称し、咳止めなどの薬として用います。

ジャノヒゲは漢字を当てると「蛇の髭」で、細長い葉姿に由来するとされます。属名のオフィオポゴンは日本語由来で、和名の「ジャノヒゲ」をギリシア語に直訳したもので、オフィス(ヘビ)とポゴン(ヒゲ)の2語からなります。

種類

コクリュウ
コクリュウ
〔〕内は学名、O.はOphiopogonの略。

ジャノヒゲの園芸品種

タマリュウ(玉竜)〔'Tamaryu'〕
葉の長さが10cm程に収まる小型種です。扱いやすく庭園でもよく利用されます。

ハクリュウ(白竜)〔'Hakuryu'〕
葉全体に白い斑の入る園芸品種で、明るい雰囲気を持っています。

別種だけど似たもの

オオバジャノヒゲ〔O. planiscapus〕
葉の長さが30cmになる大型種です。品種のコクリュウ(黒竜)〔'Kokuryu'〕は葉が濃い黒色になります。

ノシラン〔O. jaburan〕
葉の長さが50cmほどになり、もりもり茂ると丈は80cmほどになります。夏に真っ白い花を穂状に咲かせます。庭園の下草やグランドカバーに利用されます。

育て方

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
            バー バー        
植え替え
  バー バー            

日当たり・置き場所
日向~日陰まで場所を選ばずよく育ちます。ただし、斑入りの品種は直射日光を避けた明るい日陰のほうが斑がきれいに出ます。また、コクリュウはよく日に当てたほうが、葉色が濃くなります。芝生の植えられないような日陰でのグラウンドカバーにも適します

かかりやすい病気・害虫
特にありません。

植え付け・用土
植え付けは5cm間隔で行なうと、1年後には葉が茂って継ぎ目のないマット状になります。極端に乾燥する場所や常に水がたまっているような場所でない限り、植え付ける場所は選びません。一度植え付けて根付いてしまったら、植え替えはしなくても良いです。

ふやし方
株分けでふやします。真夏、真冬を除いていつでも可能ですが春に暖かくなって生長を始める3月~4月が最も良いでしょう。

手入れ
芝生のような感覚で用いるなら、春に一度刈り込みを行うと葉がきれいに出揃って美しく仕上がります。丈が大きくならず、非常に丈夫で日陰にも強く、冬でも葉が枯れないなど長所が多く、主役には慣れませんが緑化には欠かせない植物です。

ポイント
・日陰でもよく育つ
・株分けでふやす
・春に刈り込みを行うと葉がきれいに出揃う

関連するページ
ユリ科
グラウンドカバー向きの植物
ヤブラン(リリオペ)とは…ナギイカダ科(ユリ科)。日陰に強く下草として用いられる
ノシランとは…同属で、下草やグランドカバーに利用されます。