ヤサシイエンゲイ

花の形が大の字

ダイモンジソウ(大文字草)

ダイモンジソウ
画像:H.S
科名:ユキノシタ科
学名:Saxifraga fortunei var.incisolobata
原産地:日本 中国 朝鮮半島
草丈:10cm-40cm
開花期:9月-11月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

ダイモンジソウ(大文字草)とは

日本(本州の関東より西・四国・九州)・朝鮮半島・中国・サハリンなどに分布する、毎年花を咲かせる多年草で、山野草として扱います。湿り気のある環境を好み、渓谷の岩肌などに自生します。5枚の花びらの長さと並びが、漢字の「大」の字に見えるのでこの名前があります。

花色・葉の形、姿形などの変異が顕著で、限られた地域に産する変種も多いです。それらがさらに人の手によって育種され、現在では様々な園芸品種を見ることができます。

主な開花期は夏から晩秋、株元から花茎を伸ばして、その先端に数輪から十数輪の花を咲かせます。基本となる野生種の花色は白もしくは淡い紅色ですが、園芸品種には濃い紅色、ピンク、緑色などの花色があります。花びらも糸のように幅の細いものから、幅が広くフチに切れ込みの入るもの、八重咲きなどがあります。

草丈は10cm~40cm、茎は通常長く伸びず、長い軸を持った葉(根出葉)が地際からたくさん出てきて茂ります。葉色は濃緑色や、褐色を帯びた緑色です。葉に美しい模様の入る斑入り種も知られています。

変種

ミヤマダイモンジソウ…高山性で全体的に小型です。花びらの幅は広く丸みがあり葉裏が紅色。
ベニバナダイモンジソウ…ミヤマダイモンジソウの中で、淡紅色の花を咲かすもの。
ウラベニダイモンジソウ…ミヤマダイモンジソウの中で、葉裏の紅色が濃いもの。
イズノシマダイモンジソウ…伊豆や房総半島に分布、開花時期は晩秋で花茎に長い毛が生える。
ヤクシマダイモンジソウ…屋久島原産、葉の直径が1cm前後の超小型種。

近い仲間

〔〕内は学名、S.はSaxifragaの略
ジンジソウ
ジンジソウ

エチゼンダイモンジソウ〔S. acerifolia〕

福井県の一部に産する固有種で、ダイモンジソウと付いてますが別種です。ダイモンジソウに似ていますが葉は深く切れ込みます。開花期は主に春です。

ジンジソウ〔S. cortusaefolia〕
本州の関東より西、四国、九州などに分布します。5枚の花びらのうち、下の2枚が非常に長くて「人」の字のように見えるので、この名前があります。

ハルユキノシタ〔S. nipponica〕
5月~6月頃に開花する春咲き種です。花色は白。

関連するページ
ダイモンジソウの育て方
ユキノシタ科
山野草