ヤサシイエンゲイ

デプラデニア(マンデビラ)の育て方

デプラデニアキョウチクトウ科 学名:Mandevilla 用途 鉢植え
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(よわい)

メキシコからアルゼンチンにかけておよそ100種類が分布するつる性の植物です。以前は近縁のデプラデニア属に分類されており、その名残で今でもこの名前で呼ばれることが多いです。ツルがよく伸びるので、フェンスや支柱に絡ませて栽培します

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー バー バー バー    
植え付け
      バー バー              
肥料
      バー バー バー バー バー バー    

季節・日常の手入れ ポイント
寒さに弱いので移動できる鉢植えで育てるのが基本です。つるが伸びるので支柱やフェンスなどにつるをからませます。ワキから伸びてくるつるで邪魔なものや長く伸びすぎたものは切り戻します。これは、つるが多すぎると株全体の日当たりが悪くなるからで、長く伸びすぎた枝を短くするのは伸びすぎた枝は花が咲きにくいからです。

花後は冬室内に取り込む前に翌年の花付きをよくするため、つるを3~4節の越してすべて短く刈り込みます。

日当たり・置き場所
日当たりのよい場所を好みます。生育期間中の春から秋にかけては屋外の日当たりのよい場所で育てます。

寒さには弱く10℃を切ると生育が衰えたり枯れることもあります。11月頃には室内に取り込んで窓辺の日当たりのよい場所で育てましょう。冬でも15℃以上の気温があり、日当たりもよければ花が咲くことがあります。

水やり・肥料
春から秋にかけては土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。秋から徐々に水やりの回数を減らして冬はやや乾燥気味にします。

肥料は春に新芽が伸びてきたら液体肥料を水やり代わりに月2~3回与えます。肥料は秋まで与えます 。固形肥料を用いる場合は2ヶ月に1回を目安にします。

用土
水はけの良い土が適しています。赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土など。

植え替え・植え付け
根が非常によく張るので小さな鉢に植えているものは1年に1回植え替えが必要です。植え替えの適期は4~5月で、新芽が伸びてきて気温が充分に確保(10~15℃程度)できるようになってから行います。古い土を軽く落としてから一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えます。購入した苗を植え付ける場合、芽の先端を摘んでワキから芽を出させます。

ふやし方
さし木でふやすことができます。茎の頂点から葉4枚くらいのところで切り取り、切り口からでる乳液をよく洗ってから赤玉土や川砂にさします。20日前後で根が出てくるので、その後は鉢に植え替えて育てます。適期は気温が15℃以上確保できればいつでも可能です。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
伸びたツルは秋に切り戻す
耐寒温度は10℃以上
根がよく張るので1~2年に1回植え替える

関連するページ
デプラデニア(マンデビラ)とは
キョウチクトウ科
つるが伸びる植物