ヤサシイエンゲイ

南アフリカの球根植物

トリトニア

トリトニア・ヒアリナ
ヒアリナ
科名:アヤメ科
学名:Tritonia
別名:ヒメアヤメ
原産地:熱帯・南アフリカ
草丈:30cm~50cm
主な開花期:4月-5月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名、T.はTritoniaの略

トリトニアとは

熱帯・南アフリカに約30種が分布する球根植物です。属名のトリトニアはラテン語のトリトン(風見)から来ており、ある種の雄しべがいろんな方向を向くことにちなみます。

秋植え球根扱いで、秋に球根を植え付けると春に花を咲かせます。球根が出回るのもおおかた秋口からで、花色ミックスで品種名の書いていないものが1袋10球入りなどで市販されています。花姿や草姿は同じアヤメ科のフリージアに似ていますが、トリトニアのほうがやや繊細な感じがします。

球根
球根
主に栽培されているのはクロカタ〔T. crocata〕の園芸品種です。球根は小さく、繊維質な皮に包まれています。葉は先のとがった剣のような姿で平べったく、地際から扇状に出ます。主な開花期は春で花茎を伸ばしてその上部に10輪ほどの花を咲かせます。花はろうと型で直径3cm、6枚の花びらをもちます。基本種の花色は赤オレンジ色ですが、園芸品種に白やピンク、淡い黄色などがあります。また、花の大きさが野生種の倍になる大輪の品種もあります。初夏~秋の間は茎葉が枯れて、球根の状態で休眠します。

ヒアリナ〔T. hyalina〕もクロカタに次いで栽培されている種で、姿はお互い似ています。花びらはスプーン状で、つけ根の方に行くにつれて細くなります。花びらの基部が透明になります。花色は明るいオレンジ色です。ヒアリナは「透明な」の意で、花びらに由来します。

関連するページ
トリトニアの育て方
トからはじまる植物
アヤメ科
球根植物