ヤサシイエンゲイ

日本が誇る花木

ツバキ

ツバキ
科名:ツバキ科
学名:Camellia japonica
原産地:日本 中国
樹高:6m-8m
開花期:2月~3月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名。C.はcamelliaの略

ツバキとは

ツバキは古くから庭木として親しまれている日本を代表する花木のひとつです。野生種としては本州・四国・九州・朝鮮半島南部に分布し樹高の高くなるヤブツバキ、本州の日本海側、雪の多く降る地帯に分布する樹高のやや低いユキツバキなどがよく知られています。また、ヤブツバキとユキツバキの分布の境界線上の中間地帯にはユキバタツバキというヤブツバキとユキツバキの特徴を併せ持った中間的な存在のツバキが存在し、両者の雑種だと言われています。

四国の一部、九州南部~沖縄にかけて分布するリンゴツバキはヤクシマツバキとも言い果実が直径5-6cmと大きく、皮の厚みが1.5cmにもなります。名前の示すように、熟して赤くなった果実はちっちゃなリンゴのように見えます。

ツバキの名前の由来は諸説ありますが、よく言われるものに、光沢のあるツヤツヤした葉っぱの木→ツヤハキが転じたという説があります。

種類 

野生種をもとにして数多くの園芸品種が生み出されました。特にヤブツバキは品種改良の中心となった種です。花の咲き方や色、葉に変化が多く葉の先端か魚の尾びれのように分かれるキンギョバツバキのようなユニークなものもあります。園芸品種には多くの系統がありますが、ヤブツバキ系、ユキツバキ系、ヤブツバキと他の種との雑種と言われている侘助(わびすけ)系などがポピュラーです。

ツバキの人気は日本だけに留まらずヨーロッパやアメリカでも人気の高い花木で、現在では洋種のツバキの品種改良も積極的に行われています。

ツバキの仲間

ツバキを含むカメリア(ツバキ)属は東南アジアや中国を中心として、多くの仲間が知られてる樹木です。よく知られているものに、ツバキ同様花木として親しまれているサザンカ〔C. sasanqua〕、葉っぱがお茶になるチャ〔C. sinensis〕等があります。

その他の画像

ティファニー
ティファニー
正義
正義
雪中花
雪中花
桃花雪中花
桃花雪中花
鈴鹿山
鈴鹿山
菊夏至
菊夏至
数寄屋
数寄屋
黒椿
黒椿
月光
月光
     
関連するページ
ツバキの育て方
ツバキ科
花木・庭木