ヤサシイエンゲイ

ツバキの育て方

ツバキツバキ科 学名:Camellia japonica  用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよい)

古くから庭木として親しまれている日本を代表する花木のひとつです。ヤブツバキ、雪の多く降る地帯に分布する樹高のやや低いユキツバキなどがよく知られています。

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
  バー バー                  
花芽形成
          バー バー          
植え付け
    バー バー バー              
切り戻し
    バー バー バー              
肥料
バー バー           バー バー    

季節・日常の手入れ ポイント
枝がたくさん伸びてくるので、枝を切りつめる剪定が必要です。花の終わった直後が適期です。花は冬に咲きますが、花芽が6月から7月頃に作られるので、この時期以降の枝を切ると、同時につぼみも切り落としてしまうことになります。夏以降は見苦しい枝などをすこし切る程度にして、ばっさり枝を切るような剪定は行いません。

日当たり・置き場所
日陰にはかなり強い植物です。冬の乾いた冷たい風は大変嫌がるので、北側や西側の風が強い場所は避けた用がよいでしょう。あまり、日当たりに気を使う必要はないが、建物の東側や南側で、空気中の湿度が高めの場所が適しています。

水やり・肥料
水は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

用土
粘土質の土は避けますが、あまり選ばず育ちます。

植え替え・植え付け
常緑の広葉樹は春になって、気温が高くなってから植え替えるのが基本になります。あまり急ぎすぎて4月頃植え替えや植え付けを行うと、もし寒さがもどってきた場合、うまく根が付かず生長が阻害されることもあります。

ふやし方
タネまきと、さし木でふやすことができます。ここではタネのまき方を紹介します。

1.10月頃に実を採って日陰に2~3日置いておく。

2.皮が割れたら、中にある黒い実(3~6個入ってる)をビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存しておく。

3.翌年の3月にまく。
うまくいくと3~4年で花を付けますが、それ以上かかることもあります。

かかりやすい病害虫
病気 なし/害虫 チャドクガ(ケムシ)

チャドクガというケムシが6~8月の間に2度ほど発生する。1枚の葉の裏に10匹以上が固まっている初期の頃に、その葉っぱごと処分すると被害がほとんど発生せずに済む。大きくなってしまい、植物全体に散ってしまったら、ケムシ用の殺虫剤を散布します。抜けた毛に触れただけでも皮膚がかぶれるので駆除は慎重に。

まとめ 
植え付けは気温が充分上がってから行う
冬の冷たい風を避ける
日陰に強い

関連するページ
ツバキとは
ツバキ科
花木・庭木