ヤサシイエンゲイ

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサツユクサ科 学名:Tradescantia  用途 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(やさしい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよい)

一般的に広く栽培されているのはムラサキツユクサとオオムラサキツユクサを掛け合わせた園芸品種、アンダーソニアナです。耐寒性があり強健な植物で花壇などに利用されます。

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
          バー バー バー バー バー    
植え付け
    バー           バー バー    

季節・日常の手入れ ポイント
茎の整理・刈り込み
茎が密に茂りすぎるようなら、所々間引きます。初夏に花が一通り咲き終わったら、地際でばっさりと刈りこんで乱れた草姿を整理します。そうするとわき芽が伸びてきて秋にまた花を楽しむことができます。

支柱立て
花時に雨が降ると茎の頂点に水がたまり、その重みで倒れて横に広がることがあるので、わっか状の支柱で囲うなどの対策を行います。

日当たり・置き場所
日当たり~明るい日陰でよく育ちます。日照不足になると茎がひょろひょろに伸びて倒れやすくなり、花付きも悪くなるので気をつけましょう。

冬は茎葉が枯れて根の状態で越します。枯れた茎は取り除いてきれいにしておきましょう。耐寒背は強く、特に防寒する必要はありません。

水やり・肥料
一度根付いてしまえば水やりの必要はありません。

肥料は与えると株が大きくなりすぎるので与えません。八重咲き種は肥料不足になると一重になるときがあるので、その場合は液体肥料を適宜与えます。

用土
水はけがよければ特に土質を選ばずよく育ちます。やせ地のほうが株のまとまりがよいです。

植え替え・植え付け
植えっぱなしでもよく育ちます。植え付けの適期は春か秋です。

ふやし方
春に株分けができます。あまり小さな株だと弱ってしまいますので、大株以外の株分けはやめましょう。株分け直後は直射日光を避けて半日陰の場所で管理します。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
日当たり~半日陰でよく育つ
基本的に肥料は必要ない
混み合った茎は適宜間引く

関連するページ
ムラサキツユクサとは
ツユクサ科