アングレカムの育て方

やや高温を好むラン

ランの仲間 「あ」からはじまる植物

アングレカム レオニス
この植物の解説

育て方はこのページの下

科名
ラン科
学名
Angraecum
用途など
鉢植え
大きさ
7cm~130cm
主な開花期
種により異なる
耐寒性
10℃以上、できれば15℃
難易度
★★★☆☆(ふつう)~★★★★★(むずかしい)
メモ
マダガスカルを中心として、熱帯アフリカにおよそ200種類が分布するランの仲間

育て方

  • 生育期は水をたっぷり与えます
  • 夏は直射日光を避けた半日陰に
  • 冬は最低10℃、できれば15℃

主な作業の適期

植え替え 4月下旬~6月(遅霜の心配がなくなる頃)
肥料 4月~10月(葉と根を伸ばす生育期)
室内取り込み 秋に最低気温が15℃を切る頃

日常の手入れ

10℃以上の気温があれば冬越し出来ますが、冬も元気の育てるためには15℃~18℃あった方がよいです。秋に出来た花芽も気温が低いと生長せず、開花が春以降にずれ込みます。

10℃とは株が弱らずに生き残るボーダーラインと考えてください。それ以下だと葉が黄ばんで枯れ、5℃程度では枯死する可能性が高いです。弱った株はその度合いにもよりますが、回復まで時間がかかります。

5月頃に休眠から覚めて生長を始めますが、生育が盛んになるのは6月以降と考えてよいでしょう。気温が25度を超すと目に見えて生長スピードが増し、葉や根をぐんぐん伸ばします。

高温環境下で育つランで、日本の気候では生育期間が比較的短いです。その短い期間に適度な日射しと水を与えて丈夫な株に育てましょう。秋頃に花芽が出来ますが、生育期の育て方が花芽形成に大きく影響します。

日当たり・置き場所

初夏~秋にかけては屋外の風通しのよい場所に鉢を吊して栽培します。直射日光に当てると葉が黄ばんだり、部分的に枯れてしまうので夏は30%~50%遮光します。暗い日陰では丈夫に育たず、花つきも悪くなります。加減に注意しましょう。

最低気温が15℃を下回る頃に室内に移動させます。春も15度を上回るようになれば戸外に移します。冬の詳しい温度管理については上記「季節・日常の手入れ」を参考に。

水やりと肥料

生育期は土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。特に気温の高い時期は生長するので、回数を多めにたっぷり与えます。冬の間は休眠しているので回数を減らし乾かし気味にします。乾燥には比較的強く、水不足で失敗することは少ないです。むしろ過湿に弱いので、休眠期は水のやり過ぎに気をつけます。

肥料は生育期の春~秋にかけて1000倍に薄めた液体肥料を週1回与えます。

適した土

水ゴケを用います。

植え替え・植え付け

春、生長期に入って新しい根が伸びてくる頃が植え替え適期です。小苗は毎年、花を咲かせる大きさの成株は2年に1回を目安に植え替えます。

生育のよい株は上の方からもよく根を伸ばしますが、無理矢理曲げて鉢に収めずにそのまま放置してかまいません。元気な株は空中によく根を伸ばすもので、それがふつうです。

ふやし方

子株がでてくる種はある程度子株が大きくなってきたら親株から切り離し植え付けます。

かかりやすい病害虫

葉の付け根や茎に白くて細かい綿ぼこりのようなものがついていたら、コナカイガラムシの可能性が高いです。春や秋に発生しやすい虫で、見つけたら歯ブラシなどでこすり落とします。



関連する植物