ヤサシイエンゲイ

アジュガの育て方

アジュガシソ科 学名:Ajuga reptans 用途 鉢植え 露地植え グランドカバー
難易度 バー バー バー バー バー(やさしい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよい)

アジアの温帯から熱帯にかけて約40種類が分布するシソ科の草花で、冬にも葉は枯れずに残り、毎年花を咲かせます。日本にも8種の仲間が自生します。はうように広がっていくのでグランドカバーに最適です

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー              
植え付け
    バー バー         バー バー    
肥料
        バー            

季節・日常の手入れ ポイント
ランナー花が終わったあとの花茎は根元から切り落とします。そうすることで株の消耗を防ぐことができます。花後、株元から細長い茎が這うように伸びます(この茎は”ランナー”と呼びます)。ランナーは節から根を下ろして新しい株をつくります。これの繰り返していくらでも広がるので伸びる余地がなくなったり、邪魔になる場合は、ランナーが広がらないように内側に曲げるなどして、伸びていく方向を人為的に変えましょう。

梅雨時期は茂りすぎて株が蒸れて病気になり枯れることがあるので、茂りすぎているようなら株の高さを半分くらいに切って風通しを良くするか、株分けを行います。

日当たり・置き場所
明るい日陰でよく育ちます。耐陰性は強く1日1時間、日が当たれば充分育ちます。逆に直射日光や西日の当たる場所では土が乾きすぎてよくありません。理想的な場所としては落葉樹の下や建物の東側などの午前中いっぱいは日があたるような場所です。

耐寒性はあり、0℃くらいまでなら外でも充分に育ちますが、霜や乾いた寒風に当たると葉が枯れるので寒冷地では簡単な霜よけが必要です。

水やり・肥料
乾燥に弱く、適湿な土壌を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。

肥料は植え付ける際に、ゆっくりと効く肥料を土に混ぜ込みます。それ以外は、基本的に与える必要はありませんが、花の咲いたあとに生育が衰えているようならかなり薄めの液体肥料を与えます。やりすぎると茎葉は茂りますが花が咲きにくくなるので要注意です。

用土
水はけがよく、水もちのよい土を好みます。具体的には地植えの場合、腐葉土やピートモスを多めに入れます。鉢やプランターは、赤玉土7:腐葉土3の割合の用土を使用します。

植え替え・植え付け
地植えは4~5年育てていると生育が弱ってくるので、新しい場所に植え替えるか、同じ場所でも新しい土を入れて植え替えます。鉢植えは根がまわってきたら一回り大きな鉢に植え替えます。

ふやし方
タネまきと株分けができますが、株分けの方が簡単です。適期は10~11月で、根を下ろしている細長い茎(ランナー)を先端から2~3節をつけて切り取り、節から出ている根もていねいに掘り上げ、他の場所に20cm間隔で植え付けます。鉢植えは、5号鉢(直径15cm)に1株が目安です。

かかりやすい病害虫
病気 灰色カビ病 / 害虫  ハダニ アブラムシ

灰色カビ病は傷んだ葉や花に灰色のカビが生える病気です。枯れた葉や咲き終わった花はこまめに取り除くようにします。夏に株が混み合って蒸れないようにすることも大切です。

ハダニは高温乾燥時期に発生し、葉から栄養を吸って植物を弱らせます。アブラムシは春先から発生し、茎葉やつぼみについて栄養を吸います。見つけ次第薬剤を散布して駆除します。

まとめ 
半日陰の場所に植えます
肥料を与えすぎると花つきが悪くなります
植え替えは4年に1回くらいでよい

関連するページ
アジュガとは
シソ科
グランドカバー向きの植物