ヤサシイエンゲイ

野趣あふれるキク

エリゲロン

エリゲロン オウランティアスク
エリゲロン オウランティアクス
科名:キク科
学名:Erigeron
別名:ヨウシュアズマギク など
原産地:北アメリカを中心とした世界各地
草丈:30cm~60cm
開花期:5月-7月

難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (ふつう)

〔〕内は学名 E.はErigeronの略

エリゲロンとは

エリゲロンは北アメリカを中心とした世界各地に約200種類が知られています。日本でもよく見かけるおなじみの野草、ハルジオン〔E. philadelphicus〕やヒメジオン〔E. annuus〕 -どちらも海外から入ってきたものが野生化した帰化植物- そして高山植物のアズマギクもこの中に含まれます。

一般的に園芸的で「エリゲロン」として栽培されているのはスペシオサ種〔E. speciosus〕やカルビンスキアヌス種(ペラペラヨメナ、ゲンンペイコギクとも)〔E. karvinskianus〕の園芸品種が中心となっています。どちらもロッキー山脈からニューメキシコにかけて自生します。

スペシオサ種は花の大きさがおよそ4cm、白色、藤色、紫色などの花色があります。エリゲロンの中では比較的大きめの花です。

エリゲロン カルビンスキアヌス
'プロフュージョン'

カルビンスキアヌス種は細かく枝分かれして株を覆うように小さな花をたくさん付けます。花の咲きはじめは白ですが徐々にピンク色に変化していき、一株で濃淡の違う花が混じったパステル調の色彩を楽しむことができます。日本には明治の末頃に入って来ました。株が良く広がるので、水はけのよい傾斜地のグラウンドカバーなどにも利用されます。園芸品種のプロフュージョン〔'Profusion'〕が広く普及しています。

いずれも花びらは糸のように細く放射状にたくさん出ます。また、つぼみの状態では下を向いていますが花が開くときは首を持ち上げるように上を向きます。

エリゲロンはギリシア語のエリ(eri:早い)とゲロン(geron:老人)からなります。はっきりした由来は不明ですが、一説には花後に出来る綿毛(タネ)を老人の白髪に見立てたともされます。

育て方

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー          
植え付け
  バー バー           バー  
タネまき
  バー バー         バー バー  
タネまき
    バー           バー  

手入れ
梅雨時期になると茂った枝葉で風通しが悪くなり、株全体が蒸れて葉が枯れあがったり株が腐ることがあります。春に花をひととおり楽しんだら刈り込んで風通しを良くします。かなりおう盛に茂っている株なら地際当たりでばっさりと切り詰めてもかまいません(その後脇から芽が出てきます)。四季咲き性のものなら秋にも花を楽しむことができます。

日当たり・置き場所
日当たりの良いやや乾燥気味の場所が適しています

水やり・肥料
肥料が多いと茂るばかりで花付きが悪くなります。春と秋に少量の化成肥料をばらまく程度で充分。

かかりやすい病気・害虫
つぼみや茎葉にアブラムシ、葉の中にハモグリバエの幼虫がつきやすいので見つけ次第駆除します。

植え付け・用土
鉢植えにする場合は水はけの良い用土を用います。

ふやし方
おう盛に枝や根を伸ばして比較的短期間で株が大きくなります。株が大きくなるのはよいですが、蒸れて腐りやすくなりますので、できれば毎年春か秋に株分けをかねて植え替えます。鉢植えのものも1年も育てていると鉢の中が根でぱんぱんになり、ほおっておくと生育不良(根づまり)をおこしてしまいますので、同様に年1回植え替えます。
タネまきでもふやすことができます。タネまきの適期は3~4月、9~10月です。

ポイント
エリゲロンは毎年花を咲かせる多年草で、主に上記の2種系統が栽培されています。カルビンスキアヌ種は細かく枝分かれしてよく茂り、株を覆うようにして花を咲かせ、性質も丈夫でつくりやすく花壇、鉢・コンテナ、グラウンドカバー、ハンギングなど用途が広いのもうれしいところです。
元々乾燥した草原に自生する種類が多く、日本の夏のような高温多湿の気候を少々いやがります。寒さには強いので冬の心配はあまりないです。

関連するページ
エからはじまる植物
キク科