ヤサシイエンゲイ

初夏に鮮黄色の花を咲かせる低木

エルサレム・セージ(フロミス・フルティコサ)

エルサレムセージ
科名:シソ科
学名:Phlomis fruticosa
別名:フロミス・フルティコサ
原産地:地中海東部
樹高:90cm~1.5m
開花期:5月-9月

難易度バー バー バー バー バー (そだてやすい)
耐寒性バー バー バー バー バー (つよい)
耐暑性バー バー バー バー バー (ふつう)

エルサレムセージ(フロミス・フルティコサ)とは

主に地中海沿岸東部に分布する常緑性の低木です。高さ1.5mになり、細かく枝分かれして横にもよく広がります。セージという名前が付いていますが、香辛料として利用されるセージとは別属で、仲間ではありません。セージはシソ科サルビア属、本種は同科フロミス属になります。葉の形や様子がセージに似ているのでこの名前があるのではないかと思います。特に葉の表面にはいる細かいシワは似ていると思います。

葉は表面に細かいシワが入ります。葉のフチや裏側は星状毛と呼ばれる白い毛が生え、葉の輪郭が銀白色に縁取られて見えます。主な開花期は初夏~夏です。葉の付け根、節の部分に鮮やかな黄色い花が茎を囲むように付きます。

花は乾燥させてもその鮮やかさを失わないため、ドライフラワーやポプリなどクラフトに利用でき、その点ではハーブとしても扱われます。ヨーロッパでは花壇などによく利用される植物です。日本ではハーブ園や植物園でよく見かけますが、一般に植栽されているのはあまり見ません。

仲間・由来

〔〕内は学名P.はPhlomisの略

エルサレムセージを含むフロミス属は地中海沿岸から中央アジアに約60種が分布する低木です。本種以外には紅色花のマキシモウイッチ(和名:オオキセワタ)〔P. maximowiczii〕やピンク花のツベロサ〔P. tuberosa〕が花壇など観賞用に栽培されています。属名のフロミスはギリシア語のフェレーゴ(焼く)に由来するとか、プロミス(モウズイカという植物)に似ているからだとか、諸説あります。

育て方

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
        バー バー バー バー バー      
植え付け
    バー バー バー          

日当たり・置き場所
日当たりのよい乾燥気味の場所を好みます。暑さには強いですが、じとーっとした湿度高めの環境を嫌がるので風通しも大切です。茂りすぎて風通しが悪い場合は、適当に枝を間引くか刈り込みます。

耐寒性は強いほうでマイナス5℃程度まで耐えます。寒冷地では凍らせないように腐葉土などを敷いて防寒します。常緑性ですが、冬は葉が紅葉して落ちることも多いです。株が生きていれば春に芽吹いて生長します。

水やり・肥料
半乾燥地に自生する植物で、土がじめじめした環境では育ちにくいです。鉢植えは土の表面が乾いてから水を与えるようにします。露地植えは、根付いたあとは極端に乾燥する時をのぞき、特に水を与えなくても自然の雨だけで育ちます。

かかりやすい病気・害虫
特に見られません。

植え付け・用土
水はけのよい礫質の土壌を好みます。植え付けの適期は4月~6月です。

ふやし方
タネまき、さし木でふやすことができます。

タネまきの適期は4月下旬~6月上旬、9月下旬~10月中旬が適期です。春にまいた場合、翌年の初夏から花を咲かせます。さし木の適期は6月上旬~7月中旬です。

ポイント
耐寒性も強く、あまり手間もかからないですが将来的には大きくなって場所をとります。最初に植える場所をよく考えましょう。スペースの関係上大きくできない場合はこまめに枝を切り戻すか、最初に植えるのをあきらめます。切り戻すことである程度ボリュームを抑えることができ、乱れがちな草姿も整います。

ドライフラワーにする場合、地際から10cmの高さでばっさり刈り込んで束にし、風通しのよい場所に吊して乾かします。葉や花は肉厚で乾きにくいので、束は小さめにして、充分にスペースを空けて干すのがコツです。

関連するページ
シソ科
ハーブ