ヤサシイエンゲイ

寒い時期にも咲く

ビデンス(ウインターコスモス)

ビデンス
科名:キク科
学名:Bidens
別名:ウインターコスモス
原産地:世界中
草丈:80cm-1m
開花期:7月~1月(種により異なります)
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、B.はBidensの略

ビデンス(ウインターコスモス)とは

世界中に約230種が分布するキク科の草花で一年で枯れてしまうものと毎年花を咲かせるものがあり、日本でもセンダングサ〔B. biternata〕など6種が自生しています。ビデンスの名前はラテン語の「2」と「歯」を意味する単語の合成語で、実に歯のような2本のトゲがあるところからきています。

種類

現在栽培されているものは、主にフェルリフォリア種〔B. ferulifolia〕とラエビス種〔B. laevis〕の2種です。

フェルリフォリア種はメキシコ原産で茎が立ちあがるものと這うように伸びていく2タイプがあります。コスモスに似た5枚の舌状花を持つ黄色い花を咲かせます。開花時期は主に夏から秋ですが、暖かい地方では真冬を除いてほぼ周年花を咲かせます。

ラエビス種はフロリダやテキサスが原産で5枚~8枚の舌状花をもった黄色い花を咲かせます。開花期は主に秋~冬で、コスモスに似た花を冬に咲かせるということで「ウインターコスモス」の名前で普及しました。現在ではフェルリフォリア種もその名前で呼ばれることが多く「ビデンス=ウインターコスモス」のような感じで流通しています。

園芸品種には、花びらの先端が白くなるコトヒメやイエローキューピット、クリーム色の花を咲かせるアイボリーホワイトなどがあります。

関連するページ
ビデンス(ウインターコスモス)の育て方
キク科