ヤサシイエンゲイ

星形の花が可愛らしい小球根

イエイオン(ハナニラ)

キョウチクトウ
科名:ユリ(ヒガンバナ)科
学名:Ipheion uniflorum
別名:イフェイオン アイフェイオン
原産地:中央~南アメリカ
草丈:15cm~20cm
主な開花期:3月-4月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、I.はIpheionの略

イエイオン(ハナニラ)とは

主にメキシコからアルゼンチンにかけてに分布する小球根で、秋に球根を植え付けると春に花を咲かせます。

学名の読みの違いから、イフェイオン、アイフェイオンとも呼ばれます。英名は花の形からスプリング・スターフラワーです。茎や葉を折るとニラのような刺激臭があるので、ハナニラとも呼ばれます。ちなみに野菜のニラとはさほど近い仲間ではありません(科は同じですが、属が異なります)。

線形の細長い葉を地際からたくさん伸ばします。葉は立ち上がらずに地面を寝るように伸びます。3月~4月に花茎を15cmほど伸ばし、その先端に星形の花を1輪咲かせます。花色は白みがかった淡いブルーや紫、白などがあります。非常に丈夫で植えっぱなしにしておくと、球根が自然に増えたりタネが散ってよくふえます。詰め気味に植えると、開花したときに花の絨毯のようになり見栄えがします。また、主役にはなりにくいですが、花壇の縁取りなどで活躍してくれます。葉や茎が傷つくと臭いがぷーんとするので、人の通り道などには不向きです。

仲間

イエイオンの仲間はおよそ25種が知られていますが、多く栽培されているのはユニフロラ種です、一般的にこの種を指してイエイオンやハナニラと言います。また、別種に黄花ハナニラとも呼ばれるセロウィアナム種〔I. sellowianum〕、上品なブルー花の園芸品種ロルフ・フィドラー〔I. Rolf Fiedler〕などがあります。秋に球根が出回るほか、早春から苗や鉢花としても流通します。

関連するページ
イエイオン(ハナニラ)の育て方
ユリ科
球根植物