ヤサシイエンゲイ

姿の整った立派な花をさかせる

ガザニア

ガザニア
科名:キク科
学名:Gazania
和名:クンショウギク(勲章菊)
原産地:南アフリカ
草丈:15cm~40cm
主な開花期:5月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

ガザニアとは

バイカラー
バイカラー
南アフリカを中心に40種が分布する草花です。現在、一般に親しまれているのはそれらの野生種を元にヨーロッパで改良された園芸品種です。日本には大正時代の末に渡来しました。本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、一年草として栽培されることも多いです。花壇や鉢植え、グランドカバーなど広く利用できます。

葉はヘラ状、もしくは切れ込みのある羽状で、茎はほとんど伸びず葉は地際あたりで茂ります。葉色は灰緑色や銀色を帯びたもの、美しい光沢の持つものなどがあります。

主な開花期は初夏-秋で長く伸ばした花茎の先端に1輪の花をさかせます。色は黄色、ピンク、オレンジ、赤、白などがあり、蛇の目模様や2色咲き(バイカラー)、ストライプなど非常にカラフルです。花径は5cm~10cmになります。一重咲きが多いですが、八重の園芸品種もあります。花は晴れた日中に開き、日の射さない曇りや雨、夜間は閉じます。

ガザニアの名前は15世紀にアリストテレスの著作をラテン語に翻訳した人物、セオドルス・ガザ(Theodorus Gaza)のにちなむと言われています。

品種・仲間

※〔〕内は学名、G.はGazaniaの略

園芸で広く栽培されているのは、リゲンスやパボニア、リネアリスを元とした園芸品種が多いです

ガザニア・リゲンス〔G.rigens〕
草丈30cm前後、花は鮮紅色かオレンジがかった赤で径4cm-5cm。葉の裏に白い毛が生えます。

ガザニア・リネアリス〔G.linearis〕
草丈20cm前後、花は黄色かオレンジ。クンショウギクの和名があります。

ガザニア・パボニア〔G. pavonia〕
花色は赤か赤茶色になります。

関連するページ
ガザニアの育て方
カからはじまる植物
鉢植え向きの植物
キク科の植物