ヤサシイエンゲイ

カンガルーの脚

カンガルーポー(アニゴザントス)

カンガルーポー
科名:ハエモドルム科
学名:Anigozanthos
原産地:オーストラリア南西部
草丈:30cm~2m
主な開花期:3月-6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、A.はAnigozanthosの略

カンガルーポー(アニゴザントス)とは

オーストラリアの南西部を中心に約8種類が分布する、毎年花を咲かせる多年草です。先端の開いた筒状の花は表面に細かい毛がびっしり生えており、その姿をカンガルーの脚に見立てて、カンガルー・ポーの名前があります。正式にはアニゴザントスという名前の植物です。アニゴザントスはギリシア語で「開いた花」の意で、花姿に由来します。

草丈は種によってまちまちで、およそ30cm~1mになります。日本では草丈50cm~90cm程度の園芸品種が鉢植えとして出回ることが多いです。地際からアヤメに似た細長い葉を出します。花茎を長く直立させて先端に花を咲かせます。花茎は1本立ちと、枝分かれするものがあります。花色は赤、ピンク、黄色、グリーン、オレンジなどがあり、鮮やかなツートンカラーになるものもあります。主な開花期は春~初夏ですが、秋に咲くものもあります。

あまり寒さに強くないので鉢植えで育てることが多いですが、霜や寒風に気をつければ暖地や平地では露地植えで冬越しできます。水あげがよく、花持ちがよいので切り花にも利用できます。 なんとなく野性味があるのですが、微毛に包まれた花はベルベットのような品があり、個性的な植物です。

種類

バイカラー〔A. bicolor〕 
花が緑と赤のツートンカラーになります。

フミリス〔A. humilis〕
花の先端が猫の爪のように開くので「キャッツ・ポー」とも呼ばれます。花色は黄色、オレンジ、赤、紫など。夏に休眠します。

マングレシー〔A. manglesii〕
鮮やかな紅色と緑色の花を咲かせます。花茎は1mほどに伸びます。西オーストラリア州の州花となっています。

関連するページ
カンガルーポー(アニゴザントス)の育て方
ハエモドルム科